交通事故で、左大腿骨開放性骨折になり、左足が右足と比べて4cm短くなってしまいました。

保険会社からは、下肢短縮障害で後遺障害等級10級8号に認定します、という通知がきました。

私は今学生(22歳)で、来年卒業予定であり、就職活動も終わり、ある会社の内定を受けています。

交通事故の賠償金として、収入が減少した場合に支払われる逸失利益というものがあるそうですが、現在は学生の場合でも、支払ってもらうことはできますか?
また、いくらくらい支払ってもらえるのですか?

弁護士からの回答

学生の方でも、逸失利益は生じます。

ただ、現実には収入が無いので、賃金センサスという賃金の統計を用いることになります。

最新のセンサスでは、学歴が大学卒の男性の場合、平均賃金は年648万1600円となります。

これをもとに10級を前提に算定すると、逸失利益は、3100万円ほどになります。

もっとも、下肢短縮の就労への影響が小さいと判断された場合等はこれを下回ることもあります。

交通事故の弁護士無料相談

交通事故の後遺障害1級~14級・死亡事故のご相談は無料です

交通事故の弁護士解決実績 交通事故を弁護士に相談する

交通事故の慰謝料自動計算機

後遺症自動シミュレーション 死亡事故自動シミュレーション

おすすめの記事
交通事故相談
79歳の父親の介護のことで相談です。 道路を横断中に自動車にひかれ、意識不明となってしまいました。 後遺障害は、遷延性意識障害で1級1号です...
基礎知識
紛争処理機構は、正式名称は一般財団法人自賠責保険・共済紛争処理機構といいます。平成14年4月1日に施行された改正自動車損害賠償保障法に基づい...