後遺症の逸失利益について質問です。

交通事故に遭い、右足を複雑骨折する怪我をしました。

後遺障害等級は、12級7号になりました。

先日保険会社と示談金の話し合いを行ったのですが、逸失利益について、労働能力喪失期間を10年とされていました。

自分でインターネットで調べたところでは、労働能力喪失期間は67歳までと書いてあり、私は40歳なのに、なぜ10年とされるのか納得がいきませんでしたが、保険会社の担当者は、通常10年で計算するものだと言っていました。

本当にそうなのでしょうか?

教えてください。

弁護士からの回答

労働能力喪失期間は原則として67歳までです。

菅野様の場合27年間です。

神経症状で12級13号となった場合は、症状の程度によっては労働への影響が10年ほどと判断されることもありますが、12級7号の下肢の機能障害であれば労働への影響は生涯続くことは明らかです。

交通事故の弁護士無料相談

交通事故の後遺障害1級~14級・死亡事故のご相談は無料です

交通事故の弁護士解決実績 交通事故を弁護士に相談する

交通事故の慰謝料自動計算機

後遺症自動シミュレーション 死亡事故自動シミュレーション

おすすめの記事
交通事故相談
痛みによる可動域が健常側に比べて制限(自動)がある場合、12級に認定される可能性があるとのことですが、明確に角度等は決まっているのでしょうか...
基礎知識
代車を使用する必要性がある場合には、相当な期間について代車使用料が認められます。 代車を使用する必要性がある場合についてですが、被害車両が、...