15歳の息子の交通事故について質問があります。先月、息子が無免許・飲酒運転の車にひかれました。部活の帰りでした。左腕の手首、肘、肩の関節に機能障害を負い、中指など3本を切断しました。スポーツ推薦での高校進学が決まっていたのですが、すべてが白紙となってしまいました。若い青年の夢が奪われてしまったのです。相場の慰謝料では我慢ができません。私の息子の場合、どのくらいの金額になりそうでしょうか?

弁護士からの回答

加害者が無免許で、しかも飲酒運転であったとのことですが、このような加害者の行為は極めて悪質ですので、当然に慰謝料増額事由となります。

また、スポーツでの高校進学が決まっていたにもかかわらず、これが白紙となってしまったとのことですが、事故の後遺障害により将来的にも当該スポーツでの活躍はほぼ断念せざるを得ない状況となってしまったのではないかと存じますので、この点も当然に慰謝料増額事由となります。

具体的に相場の慰謝料からどの程度増額されるかにつきましては、上記の事情も含めて総合的に判断されることとなりますので一概には申し上げられません。

もっとも、例えば、11歳の女子が被害者となった事故において、被害者が将来音楽教師になるという夢を持ち、その夢に向けて努力していたにもかかわらず、事故によりその夢をほぼ断念せざるを得なくなってしまったとして、慰謝料が相場の慰謝料から150万円程度増額された事案がありますので、参考にしてみて下さい。

関連キーワード
交通事故の弁護士無料相談

交通事故の後遺障害1級~14級・死亡事故のご相談は無料です

交通事故の弁護士解決実績 交通事故を弁護士に相談する

交通事故の慰謝料自動計算機

後遺症自動シミュレーション 死亡事故自動シミュレーション

おすすめの記事
交通事故と弁護士
東京都墨田区在住の会社員です。5歳の娘の死亡事故についてご相談があります。娘が近所の公園から帰る途中、交通事故に遭い、頭を強く打って亡くなり...