信号待ちで停車中に、後方からの自動車に追突される事故に遭いました。

私は従業員20名ほどの会社を経営していますが、事故後1週間入院し、その後も1ヵ月くらいはまったく働くことができない状態でした。その後も通院のため、思うように働くことができませんでした。

そのため、私の代わりに営業などを任せられる人物を新たに雇い入れなければなりませんでした。売上も明らかに減少しました。

しかし、雇用費用や売上の減少分を保険会社に請求しても、応じられないとの回答で、納得がいきません。これは仕方がないことなのでしょうか?

弁護士からの回答

会社の代表者や社員が交通事故によって受傷し、そのために代わりの人を雇用したり、売上げが減少したような場合、会社が加害者側に損害の賠償請求ができるかについては争いがあります。

このうち、代わりの人を雇用した場合の雇用費用については、受傷した方(代表者、社員)の休業に関する損害との関係が問題となり、受傷した方が、休業期間に報酬、給料をもらっていなかった場合は、会社として代わりの人を雇用した費用の請求が認められにくい傾向にあります(受傷した方は、報酬、給料等をもらえなかったことについて休業損害を請求することになります)。

また売上が減少したことについての損害が認められるかは、会社が、被害者の方(代表者)と経済的に一体かどうかによって判断されるとされています。

具体的には、法人ではあるものの、実質的には社長の個人会社であったり、従業員が社長のほかに誰もいないか極めて少なく、代わりの人がいないというような事情が判断されます。

詳しくはその他の事情を元に、裁判をしてみないと分かりませんが、ご相談の件では、従業員20名ほどということなので、認められない可能性も高いと思われます。

いずれにせよ、このように高度の専門的判断が必要ですので、詳しくは、弁護士等の専門家へご相談されることをお勧めします。

関連キーワード
交通事故の弁護士無料相談

交通事故の後遺障害1級~14級・死亡事故のご相談は無料です

交通事故の弁護士解決実績 交通事故を弁護士に相談する

交通事故の慰謝料自動計算機

後遺症自動シミュレーション 死亡事故自動シミュレーション

おすすめの記事
交通事故と弁護士
弁護士の先生にご相談がありメール致しました。 国道で、娘(11)が交通事故に遭いました。顔面骨折で変形があり、大きな傷が残ってしまうとお医者...
交通事故相談
67歳の父親が交通事故に遭い、脊髄損傷による四肢麻痺が残ってしまいました。 これからの介護は母が中心になって行っていく予定ですが、今後の両親...