昨年交通事故に遭い、腰椎圧迫骨折の怪我を負いました。

後遺障害等級は11級とされ、保険会社との示談も済んでしまったのですが、その後色々な人に相談したところ、金額が低すぎることがわかりました。

納得できません。

示談が済んでしまった場合でも、もう一度先方と交渉することはできるのでしょうか?ご教示ください。

弁護士からの回答

まず、交通事故等の損害賠償の示談において、被害者の方が一定の額の支払いを受けることでその余の請求権を放棄した場合には、示談当時にそれ以上の損害が存在し、またはそれ以上の損害が事後に生じたとしても、示談額を上回る損害について事後に請求することができないのが原則です。

もっとも、裁判実務では、一度示談をしてしまった場合であっても、その示談の対象は示談当時予想することができた損害についてのもののみと考えられており、示談当時予想できなかった不測の再手術や後遺症がその後発生した場合の損害についてまで賠償請求権を放棄したものと考えるのは、合理的意思に合致するものとはいえないとして、例外的に損害賠償請求が認められる場合があります。

したがいまして、上記のような例外的な場合に該当するときには、保険会社との交渉をすべきということとなります。

交通事故の弁護士無料相談

交通事故の後遺障害1級~14級・死亡事故のご相談は無料です

交通事故の弁護士解決実績 交通事故を弁護士に相談する

交通事故の慰謝料自動計算機

後遺症自動シミュレーション 死亡事故自動シミュレーション

おすすめの記事
基礎知識
運行供用者とは、自動車損害賠償保障法第3条に規定されている「自己のために自動車を運行の用に供する者」のことで、自動車の使用についての支配権を...
基礎知識
道路で行うと法律違反となる行為で、あまり知られていないことをピックアップしました。 憶えておきましょう。 道路交通法76条4項によると、次の...
交通事故相談
友達の後ろを自分が走っているときに車が追い越しをしてきて友達に当たりました。 友達がフラついた所に当たり自分が転倒し、友達は気づかずに走って...
交通事故相談
横断歩道を歩行中、車にはねられました。 私の負った障害自体は、比較的軽いもので重症の方には申し訳ないような気もするのですが、質問があります。...