物損に対する慰謝料は、原則として認められません。
慰謝料は交通事故により被った肉体的・精神的な苦痛を緩和するために支払われる金銭ですので、自動車が傷つけられたとしても、修理や買換えによって損害を回復することができるため、それによって精神的な苦痛も回復できると考えられるためです。

したがって、愛車に傷をつけられたことに対する慰謝料は認められません。
裁判例でも、メルセデス・ベンツの車両損害に対する慰謝料について、被害者の愛情利益や精神的平穏を強く害するような特段の事情がなければ認められないとしています。(大阪地裁平成1年3月24日判決)

被害者の愛情利益や精神的平穏を強く害するような特段の事情がある場合として、物損に対する慰謝料が認められた裁判例をピックアップします。

・トラックが民家に衝突し、家屋と庭に損害が生じた事案について、慰謝料50万円を認めたもの。(岡山地裁平成8年9月19日判決)

・霊園の墓石等に衝突し、墓石の倒壊により骨壺が露出する等した事案について、慰謝料10万円を認めたもの。(大阪地裁平成12年10月12日判決)

・被害者が制作した陶芸作品が損壊した事案について、慰謝料100万円を認めたもの。(東京地裁平成15年7月28日判決)

関連キーワード
交通事故の弁護士無料相談

交通事故の後遺障害1級~14級・死亡事故のご相談は無料です

交通事故の弁護士解決実績 交通事故を弁護士に相談する

交通事故の慰謝料自動計算機

後遺症自動シミュレーション 死亡事故自動シミュレーション

おすすめの記事
交通事故相談
79歳の父親の介護のことで相談です。 道路を横断中に自動車にひかれ、意識不明となってしまいました。 後遺障害は、遷延性意識障害で1級1号です...
交通事故
息子が自動車にひかれて死亡しました。まだ6歳でした。 保険会社の提示は1016万円です。 自賠責保険からは3000万円の支払いがありました。...
交通事故相談
車と歩行者の事故により、叔父が1年の治療の後亡くなりました。 相手の任意保険の会社により保険手続が行われています。 これまでに、自賠責保険か...