交通事故の被害者ですが、支払に誠意が見られないので、クレームを言ったら、加害者側の弁護士から、債務不存在確認の訴訟を起こされてしまいました。

これはどういうことなのでしょう?

どう対応したらいいでしょうか?

ご教示いただければと思います。

弁護士からの回答

債務不存在訴訟とは、加害者側が、被害者に対して、「これ以上支払うものがない」と主張し、その確認を裁判所に求める訴訟です。

債務不存在訴訟を起こされた被害者は、いまだ受け取っていない賠償金を請求する訴訟を反対に提起しなければなりません(反訴の提起)。

被害者が早急に反訴の提起を行わなければ、債務が不存在であることが確定してしまい、加害者に対して一切請求できなくなってしまうのです。

このように債務不存在訴訟を提起されたら、早急に反訴提起しなければなりませんが、反訴の提起には専門的知識が必要です。

時間も限られていますので、早急に弁護士に相談してください。

交通事故の弁護士無料相談

交通事故の後遺障害1級~14級・死亡事故のご相談は無料です

交通事故の弁護士解決実績 交通事故を弁護士に相談する

交通事故の慰謝料自動計算機

後遺症自動シミュレーション 死亡事故自動シミュレーション

おすすめの記事
基礎知識
運行供用者とは、自動車損害賠償保障法第3条に規定されている「自己のために自動車を運行の用に供する者」のことで、自動車の使用についての支配権を...
交通事故と弁護士
交通死亡事故の慰謝料について質問します。 交通事故で亡くなった母親の長男です。 交通事故からもう1年も経つのですが、保険会社からは、示談の話...
交通事故相談
64歳の母が千葉県の県道で車にひかれ、頭を強く打ちました。 急性硬膜下血腫と脳挫傷で後遺障害等級1級1号と認定されてしまいました。 加害者側...
保険について
交通事故に遭って怪我をしたので、自分の自動車保険を確認したところ、「搭乗者傷害保険」というものがついていました。この保険は、どのような保険な...