会社の従業員が業務中に交通事故を起こした場合、会社に対して損害を賠償できるかという問題について解説いたします。

従業員本人が事故を起こした場合に、保険があればいいのですが、任意保険がないような場合には、その従業員個人に対して請求しても、自分が受けた損害、たとえば数千万とか損害が出た場合にはとても個人には払いきれません。

保険もないとなると、やはり仕事中だということで会社に請求したいということになるわけです。

果たしてそれが出来るのでしょうか。

まず、民法715条に(使用者責任)というものがあります。
これは従業員がその業務に関連して他人に損害を与えた場合には会社も責任を負いますよということになります。

ですから例えば交通事故の場合には、どこかお客様のところに行く時とか仕事中、運送中、商品を運んでいる最中の事故とかは業務中の事故になりますので会社もこの民法715条によって使用者責任を負います。会社に請求ができるということです。

ところが会社の車を使っているけれども、業務と関係ないところで事故を起こしてしまった。そういう場合にはこの使用者責任を使えない場合があります。

この場合には別の方法を考えていかないといけないということで、今度は自賠法3条です。(運行供用者責任)、つまり自己のために自動車を運行の用に供する者はその車が起こした事故について責任を負うということになっています。

この事例でいいますと、その車は会社の車で、業務にも使っているけれども、別に私用で使ってもいいよというような場合です。

そうするとその車は会社が自己のために運行の用に供していることになりますので会社も責任を負う、ですから、事故にあった時にはその車検証を見て、車が誰の所有者なのか、誰が使用者になっているのかというのを確認しておく必要があるということです。

確認できれば、民法715条あるいは自賠法3条によって、従業員本人のほかに
会社にも請求できる場合があります。

交通事故の弁護士無料相談

交通事故の後遺障害1級~14級・死亡事故のご相談は無料です

交通事故の弁護士解決実績 交通事故を弁護士に相談する

交通事故の慰謝料自動計算機

後遺症自動シミュレーション 死亡事故自動シミュレーション

おすすめの記事
交通事故相談
70歳の父親が交通事故に遭い、高次脳機能障害という障害を負ってしまい、後遺障害等級1級に認定されました。 父はほぼ寝たきりの状態になり、介護...
交通事故相談
4が月前、26歳の息子が交通事故で亡くなりました、息子が離婚したばかりで、息子の相続人は3人の子供です、三人の親権者母親ですが、息子の葬儀も...
交通事故
停車中に後方から追突され救急搬送されて、頚椎捻挫と診断されました。事故から5ヵ月たった今でも、頭痛、頚部痛、左手のしびれが続いており、週2~...
交通事故相談
子供が市内を走る路線バスにはねられ、頭を強く打ちました。 医師からは遷延性意識障害で今後も植物状態だろうと告げられました。 知人から紹介され...
交通事故
父(65)が交通事故で亡くなりました。 横断歩道を渡っている父に、左折してきたバイクが追突したのです。父は頭をアスファルトで打ち亡くなりまし...
交通事故相談
息子が交通事故に遭い、一時意識不明の状態でしたが、意識が戻り退院してから現在は通院している状況です。 まずは無事に家に帰ってこられたことを夫...