交通事故の死亡事故・後遺障害被害者の質問に回答
交通事故弁護士相談Q&A

交通事故解決の流れ

2014年06月27日

accident_flow

【事故発生時】
事故状況、自分と相手の怪我、物損の状況、加害者の身元確認、警察への届け出、加害者の車検証、自賠責保険、任意保険、自分の任意保険などを確認する。

○怪我の場合
【治療開始】
事故から時間が経過して痛みがひどくなることもあるので、身体に異常を感じたら、すぐに病院で診察治療を受けることが大切。
また、自分に過失がある時は、健康保険を使用する方が有利です。

【症状固定】
治療の甲斐なく治療効果が上がらなくなった段階です。

【自賠責後遺障害等級認定】
■弁護士に相談
等級認定が正しいかどうか、専門の弁護士に相談しましょう。

【自賠責後遺障害等級認定の確定】

【示談交渉】
■弁護士に相談
保険会社から金額が提示されたら、金額が妥当かどうか相談。

【示談成立/不成立→訴訟→判決/和解】

【賠償金(示談金)の支払い】(終了)


○死亡の場合
示談交渉は、葬儀・49日が終わった後に始まるのが通常です。
■弁護士に相談
死亡事故の場合、すぐに示談交渉可能ですので、すぐ相談。

【加害者の刑事事件が開始】
被害者参加をするかどうか決める。
(被害者の遺族が加害者の刑事裁判に参加できる場合があります)

【示談交渉】
■弁護士に相談
保険会社から金額が提示されたら、金額が妥当かどうか相談。

【示談成立/不成立→訴訟→判決/和解】

【賠償金(示談金)の支払い】(終了)

おすすめの記事

交通事故の弁護士無料相談

交通事故の後遺障害1級~14級・死亡事故のご相談は無料です

交通事故の慰謝料自動計算機