民法第711条は、「他人の生命を侵害した者は、被害者の父母、配偶者及び子に対しては、その財産権が侵害されなかった場合においても、損害の賠償をしなければならない。」と規定し、被害者が死亡した場合、被害者の父母、配偶者、子などの近親者が慰謝料を請求できるとしています。

それでは、被害者が、死亡ではなく、後遺障害を負った場合でも、近親者が慰謝料を請求することができるでしょうか?

この点、裁判例では、死亡の場合でなくても、死亡に比肩するような精神的苦痛を近親者が受けた場合には、近親者にも慰謝料請求権が認められるとしています。

死亡に比肩するような精神的苦痛を受けた場合とはどのような場合かについてですが、被害者が植物状態や、四肢不全麻痺、高次脳機能障害、寝たきり等で、常にあるいは随時介護を要する後遺障害等級1級や2級等の重度の後遺障害等級が認定された場合には、近親者の慰謝料が認められる可能性が高いです。

関連キーワード
交通事故の弁護士無料相談

交通事故の後遺障害1級~14級・死亡事故のご相談は無料です

交通事故の弁護士解決実績 交通事故を弁護士に相談する

交通事故の慰謝料自動計算機

後遺症自動シミュレーション 死亡事故自動シミュレーション

おすすめの記事
交通事故相談
道路を歩いていたところ、わき見運転をしていた乗用車にひかれ、脳挫傷、急性硬膜外血腫となりました。事故時は救急搬送されましたが、意識を失ってい...
交通事故相談
友達の後ろを自分が走っているときに車が追い越しをしてきて友達に当たりました。 友達がフラついた所に当たり自分が転倒し、友達は気づかずに走って...
交通事故相談
20歳の息子の損害賠償金額の相談です。 息子は交通事故で腰椎圧迫骨折の怪我をし、後遺障害は11級7号となりました。保険会社が損害賠償金として...
基礎知識
代車を使用する必要性がある場合には、相当な期間について代車使用料が認められます。 代車を使用する必要性がある場合についてですが、被害車両が、...
交通事故
追突事故に遭い、頚椎捻挫、腰椎捻挫の怪我を負い、後遺障害は12級となりました。 私は自営業で土木関係の仕事をしていて、去年はだいたい2000...