ペットは、民法上は「物」として扱われますので、ペットが死亡した場合でも物損となります。物損の場合、原則として慰謝料は認められません。

しかし、現代社会において、ペットは単なる物ではなく、飼い主にとって家族同然であるような場合が多く、飼い主の精神的苦痛は大きいものと考えられます。

したがって、裁判例でも、ペットが死亡した場合の慰謝料を認めているものがあります。ただし、慰謝料額は5万円~10万円程度と、人間の場合に比してかなり低い金額であるのが現状です。

関連キーワード
交通事故の弁護士無料相談

交通事故の後遺障害1級~14級・死亡事故のご相談は無料です

交通事故の弁護士解決実績 交通事故を弁護士に相談する

交通事故の慰謝料自動計算機

後遺症自動シミュレーション 死亡事故自動シミュレーション

おすすめの記事
交通事故相談
自動車で通勤途中に交通事故に遭い、第一腰椎圧迫骨折の怪我をしました。 現在治療中ですが、医師からは、脊柱に変形が残る可能性が大きいので、あと...
交通事故と弁護士
交差点を渡っているときに母が交通事故に遭い、脊髄損傷で下半身が完全に麻痺してしまいました。相手からの謝罪はなく、保険会社の損害賠償提示額にも...