ペットは、民法上は「物」として扱われますので、ペットが死亡した場合でも物損となります。物損の場合、原則として慰謝料は認められません。

しかし、現代社会において、ペットは単なる物ではなく、飼い主にとって家族同然であるような場合が多く、飼い主の精神的苦痛は大きいものと考えられます。

したがって、裁判例でも、ペットが死亡した場合の慰謝料を認めているものがあります。ただし、慰謝料額は5万円~10万円程度と、人間の場合に比してかなり低い金額であるのが現状です。

関連キーワード
交通事故の弁護士無料相談

交通事故の後遺障害1級~14級・死亡事故のご相談は無料です

交通事故の弁護士解決実績 交通事故を弁護士に相談する

交通事故の慰謝料自動計算機

後遺症自動シミュレーション 死亡事故自動シミュレーション

おすすめの記事
基礎知識
被害者請求とは、被害者が、加害者の自賠責保険会社に直接損害賠償額の支払いを請求する手続のことをいいます。これに対し、加害者が自賠責保険に対し...
交通事故相談
5歳の息子の死亡事故について、ご相談です。近所で遊んでいたところ、横断歩道で息子が交通事故に遭い亡くなりました。示談交渉が始まったのですが、...
交通事故相談
息子(20)を自動車事故で亡くしました。自転車に乗っているところを左折しようとした車に巻き込まれました。悲しくて、同時に悔しくて怒りがこみ上...