9歳の息子が事故に遭い、脳挫傷、鎖骨骨折の怪我をしました。

退院後も、自宅療養のため、学校を休んでいます。

うちは母子家庭で、以前は私が昼間働きにでていましたが、現在は息子の看病のため、働くことができない状態です。

この場合、私の収入分を全額補償してもらうことはできますか?治療もいつまでかかるかわからず、不安です。よろしくお願いします。

弁護士からの回答

交通事故による損害賠償請求において、休業損害は、通常本人が働けなくなったことによる損害を指し、今回のようなお子様など近親者の方のために付き添うことによる損害は付き添い費用として捉えられます。

そして、裁判所の考え方では、付き添いに必要な労力に応じていくらを認めるというもので、必ずしも実際にお仕事を休んだことによる損害をそのまま認めることは多くありません。

実際にどれくらいの金額が認められるかについては、どれだけ付き添う必要があるか、すなわち、被害者の方の負傷がどれだけ重いかにより、また、裁判ではその必要性を立証しなければなりませんので、最終的には、近親者等の付き添いが必要である旨の、医師の診断が必要になります。

具体的な金額としては、症状固定後に1級に認定された、高次脳機能障害という精神的障害のケースであれば、1日あたり1万円ほどが認定されることもありますが、低い等級の場合は3000~5000円や認定されないということもありますので、残念ながら、必ずしも現実の減収分を全額補償してもらえるとは限りません。

関連キーワード
交通事故の弁護士無料相談

交通事故の後遺障害1級~14級・死亡事故のご相談は無料です

交通事故の弁護士解決実績 交通事故を弁護士に相談する

交通事故の慰謝料自動計算機

後遺症自動シミュレーション 死亡事故自動シミュレーション

おすすめの記事
交通事故相談
息子(20)を自動車事故で亡くしました。自転車に乗っているところを左折しようとした車に巻き込まれました。悲しくて、同時に悔しくて怒りがこみ上...
基礎知識
被害者側の過失とは、被害者と身分上あるいは生活関係上一体をなすとみられるような関係にある者の過失のことです。このような関係にある者に過失があ...
交通事故相談
67歳の父親が交通事故に遭い、脊髄損傷による四肢麻痺が残ってしまいました。 これからの介護は母が中心になって行っていく予定ですが、今後の両親...