医師の診断についての相談です。私は56歳の会社員ですが、交通事故に遭い、頚椎と胸椎の圧迫骨折、その他に肋骨と肩甲骨の骨折もあります。

主治医は何でも大丈夫としか言わず、「リハビリは必要ない」、と言うのです。
私は痛みもあり、ネットで調べてみると、自分のケガはそんなに簡単なものではないと思っています。このままでは私のケガの診断が軽く扱われて、後遺障害等級の認定で不利になってしまうのではと心配です。

主治医を変えても問題ないでしょうか?

弁護士からの回答

主治医を変えることは問題ないと思います。

後遺障害認定手続の際には、後遺障害診断書を主治医に記載してもらい、それをもとに等級が認定されることになりますので、信頼のおける主治医の下で治療を受けて後遺障害診断書を記載して頂いたほうがよいかと思います。

もっとも、転院先の医師からは、治療はするが、最初から診ていないので、後遺障害診断書は記載できないといわれることもあります。

また、現在の医師と転院先の医師の診断が異なっている場合には、後日保険会社との間で争いになる可能性もございます。

交通事故の弁護士無料相談

交通事故の後遺障害1級~14級・死亡事故のご相談は無料です

交通事故の弁護士解決実績 交通事故を弁護士に相談する

交通事故の慰謝料自動計算機

後遺症自動シミュレーション 死亡事故自動シミュレーション

おすすめの記事
基礎知識
交通死亡事故の示談交渉の流れについて説明いたします。 ■示談交渉の前に注意する点 ・損害賠償請求する権利には時効があり、時効を過ぎると請求で...
交通事故相談
交通事故に遭い、脊柱変形の後遺障害が残ってしまいました。 後遺障害等級は8級です。 私は自営業で、広告やイベントの仕事をしています。 保険会...
交通事故相談
交通事故に遭い、胸椎圧迫骨折になり、脊柱の運動障害の後遺症が残ってしまいました。 後遺障害等級は8級2号です。 保険会社から、示談金額の提示...