後遺障害等級の結果が不満だったので、異議申立をしましたが、結果に変更はありませんでした。

異議申立の方法として、他にも紛争処理機構というものがあると聞きましたが、一度異議申立をして認められなかったものでも、紛争処理機構では可能性があるのでしょうか?

弁護士からの回答

紛争処理機構は,正式名称を一般財団法人自賠責保険・共済紛争処理機構といいます。

自賠責保険・共済から支払われる保険金・共済金等に関して発生した紛争を的確に解決し被害者を保護するために設立され,指定紛争処理機関として国土交通大臣及び金融庁長官の指定を受けた,裁判外紛争処理機関です。

紛争処理機構では,弁護士・医師・学識経験者等の専門家からなる紛争処理委員が,資料を審査し調停を行います(審査は書類審査であり,当事者が出席する必要はありません)。

異議申立手続と判断機関が異なるため,どのような点を争うのかにもよりますが,異議申立では認められなかったものでも,紛争処理機構では認められる可能性があります。

実際に私が担当した案件でも,従前より高い等級が認定されたことがあります。

もっとも,紛争処理機構に申し立てる前に,気を付けなければならない点があります。

それは,損害保険料率算出機構への異議申立は,時効期間内であれば何度でも行うことができますが,紛争処理機構への紛争処理申請は,一度きりしかできず,納得ができない場合は,事実上裁判を起こすしかないということです。

なぜなら,損害保険料率算出機構は,紛争処理機構の出した判断に従う扱いをしていますので,再度損害保険料率算出機構に異議申立をしても同じ結論になってしまう可能性が高く,さらに紛争処理機構は一度出した判断に対する異議申立は受け付けないからです。

したがって,まずは,異議申立の回答を踏まえて,再度異議申立で争う余地がないかを検討し,再度異議を申し立てても状況が変わらないという場合に,裁判前の最終手段として,紛争処理機構を利用するといいでしょう。

関連キーワード
交通事故の弁護士無料相談

交通事故の後遺障害1級~14級・死亡事故のご相談は無料です

交通事故の弁護士解決実績 交通事故を弁護士に相談する

交通事故の慰謝料自動計算機

後遺症自動シミュレーション 死亡事故自動シミュレーション

おすすめの記事
交通事故相談
5歳の息子を交通事故で亡くしました。 加害者は逮捕されています。 加害者に対して損害賠償を請求したいのですが、慰謝料などの賠償額は、いくらく...
交通事故相談
交通事故の損害賠償にも時効があると聞きましたが、何年で時効になるのですか? 弁護士からの回答 交通事故の損害賠償請求権は,原則として事故日か...
交通事故と弁護士
福岡市在住の者です。 東京の大学に通っている息子が交通事故に遭い、脳挫傷の怪我をして、現在も入院中です。 今後の保険会社との交渉や、場合によ...