追突事故に遭い、頚椎捻挫、腰椎捻挫の怪我を負い、後遺障害は12級となりました。

私は自営業で土木関係の仕事をしていて、去年はだいたい2000万円くらいの売上がありましたが、確定申告をしていませんでした。

交通事故の賠償金では、確定申告をしていないと、逸失利益は認められないのですか?

弁護士からの回答

確定申告をしていなくても逸失利益は認められることが多いでしょう。

ただし、現実の収入をどこまで反映できるかは、立証の問題となります。

事故前から事業を営んでいたこと自体立証するのはさほど難しくないでしょうし、収入が無ければ生活できませんので、収入が0と判断されることは稀です。

実際、確定申告で所得がマイナスになっていても、収入有りとして逸失利益が認められた例は多数あります。

確定申告をしていなくとも収入があったこと立証していくためには、預金通帳や領収証等を用いて実際にお金の出入があったことを証明していくことになります。

可能であれば、税理士に依頼して事故前年分の確定申告を遡って行うのもひとつです。

もっとも、事故後行った確定申告が、事故前にきっちりと行っていた場合に比して、加害者側の保険会社や裁判所に信用されにくいという事態は避けられません。

これらの証拠の提出により、可能な限り現実収入に近い金額を基礎収入として逸失利益を獲得していくことになります。

交通事故の弁護士無料相談

交通事故の後遺障害1級~14級・死亡事故のご相談は無料です

交通事故の弁護士解決実績 交通事故を弁護士に相談する

交通事故の慰謝料自動計算機

後遺症自動シミュレーション 死亡事故自動シミュレーション

おすすめの記事
基礎知識
評価損とは、事故前の車両価格と、事故後の車両価格の差額をいいます。 被害車両の修理をしても外観や機能に欠陥がある場合や、事故歴によって価値が...
基礎知識
【事故発生時】 事故状況、自分と相手の怪我、物損の状況、加害者の身元確認、警察への届け出、加害者の車検証、自賠責保険、任意保険、自分の任意保...
交通事故相談
交通事故で、左脛骨外果骨折、左膝内側側副靭帯損傷の怪我をし、左足に障害が残りました。 労災では10級に認定されましたが、保険会社の事前認定で...