停車中に後方から追突され救急搬送されて、頚椎捻挫と診断されました。事故から5ヵ月たった今でも、頭痛、頚部痛、左手のしびれが続いており、週2~3回通院しています。

実は3年前にも同じような事故に遭い、そのとき頚椎捻挫で後遺症が残ってしまい、後遺障害14級とされ、それで示談した経験があります。

一度後遺障害が認定されてしまうと、また怪我をした場合でももう後遺障害は認めてもらえないようなことを聞きましたが、そうなのでしょうか?その場合、今回の怪我の補償はどうなるのですか?

弁護士からの回答

今回の事故で後遺障害等級認定されるとすると、頚椎捻挫で骨折等がないということですから14級の可能性が高いでしょう。

前回も頚椎捻挫で14級の認定を受けているということですので、同様の症状が残ったのであれば、新たな等級認定はなされません。

補償に関しては後遺障害部分を除いた賠償金(治療費、休業損害、傷害慰謝料等)が支払われることになります。

仮に、今回の事故で1級~13級の等級認定がなされた場合は、症状の程度等によって、認定された等級相当の賠償金から既存の14級相当の賠償金が差し引かれる場合や、全く差し引かれない場合など様々です。

交通事故の弁護士無料相談

交通事故の後遺障害1級~14級・死亡事故のご相談は無料です

交通事故の弁護士解決実績 交通事故を弁護士に相談する

交通事故の慰謝料自動計算機

後遺症自動シミュレーション 死亡事故自動シミュレーション

おすすめの記事
基礎知識
遅延損害金とは、債務の履行を遅滞した場合に支払わなければならない損害賠償金のことです。交通事故による損害賠償金についても、遅延損害金は認めら...
基礎知識
後遺障害とは、傷害に対して医学上一般に承認された治療方法で治療しても、治療効果が上がらず、症状が残存してしまっている状態をいいます。医師と相...