母親が交通事故で死亡しました。

加害者の刑事の判決がでたのですが、執行猶予付きのものでした。
どうしても納得がいきません。
実刑を望んでいるのですが、なにか方法はないのでしょうか?

弁護士からの回答

まず、有罪判決があった場合、その判決が確定(判決言渡しの告知がされてから14日以内に控訴がされなかった場合)してしまった場合には、言渡しを受けた者に利益のために法が定める一定の理由が認められる場合を除いて、再び刑事裁判がされることはありません。

そして、執行猶予付き判決が言い渡された場合にそれが実刑判決となることは、言い渡しを受けた者にとっては不利益となりますので、そのことをもって再審の請求をすることはできません。

したがって、執行猶予付き判決となった場合に、被害者の方や被害者の遺族の方が控訴をすることはできませんので、すぐに担当の検察官にその理由の説明を求めるとともに、執行猶予付き判決は不当であることを主張して、控訴期間までに検察官が控訴をするよう強く促すことが必要となります。

交通事故の弁護士無料相談

交通事故の後遺障害1級~14級・死亡事故のご相談は無料です

交通事故の弁護士解決実績 交通事故を弁護士に相談する

交通事故の慰謝料自動計算機

後遺症自動シミュレーション 死亡事故自動シミュレーション

おすすめの記事
交通事故相談
交通事故に遭い、左膝高原骨折になりました。 後遺障害はこれから申請するところです。 膝の可動域が右膝に比べて4分の3程度になっています。また...
基礎知識
道路で行うと法律違反となる行為で、あまり知られていないことをピックアップしました。 憶えておきましょう。 道路交通法76条4項によると、次の...
交通事故相談
母が交通事故に遭い、腰椎の圧迫骨折、右手首の複雑骨折、右大腿骨の骨折、右肩の脱臼という重傷を負いました。 まだ後遺障害等級の認定はされていま...