過失割合について、保険会社が決めた割合が納得できない場合はどうしたらいいですか?

弁護士からの回答

納得できない場合は、最終的には訴訟の中で裁判所が決めることになります。

その前第階として、まずは警察が作成した実況見分調書等の刑事記録を取寄せてください。

事故態様について当事者の言い分が食い違う場合、刑事記録を参考に過失割合を決めることが多いのです。

刑事記録の取得については、加害者が送致された検察庁に問い合わせれば、取得手続を教えてもらえます。

送致先の検察庁が不明な場合は、交通事故証明書に記載されている警察署に確認してください。

もっとも、刑事記録すら加害者の言い分によってのみ作成されている場合は、裁判の中で当事者の尋問で事故態様を明らかにしていくことになります。

交通事故の弁護士無料相談

交通事故の後遺障害1級~14級・死亡事故のご相談は無料です

交通事故の弁護士解決実績 交通事故を弁護士に相談する

交通事故の慰謝料自動計算機

後遺症自動シミュレーション 死亡事故自動シミュレーション

おすすめの記事
交通事故相談
9歳の息子が事故に遭い、脳挫傷、鎖骨骨折の怪我をしました。 退院後も、自宅療養のため、学校を休んでいます。 うちは母子家庭で、以前は私が昼間...
交通事故相談
交通事故で、左大腿骨開放性骨折になり、左足が右足と比べて4cm短くなってしまいました。 保険会社からは、下肢短縮障害で後遺障害等級10級8号...