玉突き事故に遭い、外傷性腰椎椎間板ヘルニアと診断されました。

約8ヵ月くらい通院していますが、腰痛と左足のしびれが治りません。保険会社の担当者より、来月で治療を打ち切り、後遺障害の認定を受ける手続きに進むという話がでています。

けれど、まだ痛みが消えないので治療を続けたいとも思うのですが、後遺障害等級認定を受けた後も治療を続けることはできるのでしょうか?

弁護士からの回答

まず、治療を開始して6か月や1年間など一定の期間が経過すると、保険会社から治療を打ち切るという話が出てくることも少なくありません。

この場合には、まず主治医の先生に今後の治療の見込み(特に治療期間)を相談し、それを保険会社に伝えてもらったり、場合によっては主治医の先生と話をしてもらっても良いでしょう。

それでも、保険会社が一方的に治療を打ち切るというのであれば、立て替えで治療費を支払い、後遺障害等級が確定した段階で、治療費も合わせて請求していくことになります。

なお、後遺障害等級の認定は、症状固定をしていることが前提となるところ、症状固定日以降の治療費については、原則として賠償の対象とは認められません。

したがって、主治医の先生が症状固定であると判断していないにもかかわらず、保険会社の言うとおりに治療を打ち切った場合には、それ以降の治療費を請求することができない可能性があることにご注意ください。

交通事故の弁護士無料相談

交通事故の後遺障害1級~14級・死亡事故のご相談は無料です

交通事故の弁護士解決実績 交通事故を弁護士に相談する

交通事故の慰謝料自動計算機

後遺症自動シミュレーション 死亡事故自動シミュレーション

おすすめの記事
交通事故相談
5歳の息子の死亡事故について、ご相談です。近所で遊んでいたところ、横断歩道で息子が交通事故に遭い亡くなりました。示談交渉が始まったのですが、...
基礎知識
評価損とは、事故前の車両価格と、事故後の車両価格の差額をいいます。 被害車両の修理をしても外観や機能に欠陥がある場合や、事故歴によって価値が...
交通事故相談
バイクを運転中に自動車と接触して脳挫傷、骨折などの怪我をしました。 今も治療中ですが、骨折した右足がうまく動かないなどの症状があります。 保...