交通事故に遭い、左膝高原骨折になりました。
後遺障害はこれから申請するところです。

膝の可動域が右膝に比べて4分の3程度になっています。また、膝下からつま先にかけてのしびれもあります。この症状だと後遺障害等級は何級がとれますか?

弁護士からの回答

膝の可動域が右膝に比べて4分の3程度になってしまったとのことですが、もし可動域が右膝よりも4分の3以下に制限されてしまっている場合には、12級7号の後遺障害等級が認定されます。

膝の可動域は、しっかりと角度系を用いて測定しなければ、正確に把握することはできません。

こーいち様の場合、これから後遺障害の申請をされるとのことですが、最初に提出する後遺障害診断書に可動域が4分の3以下に制限されていることがしっかりと記載されていない場合、その後の異議申立等の手続において等級の変更を勝ち取っていくことは非常に骨の折れる作業となります。

そのため、医師の先生には、角度系を用いてどの程度の可動域制限があるのか正確に測定してもらった上で、後遺障害診断書に記載して頂くようにして下さい。

また、可動域が4分の3以下に制限されていない場合であっても、膝下からつま先にかけてのしびれの症状を理由に、12級13号の等級が認定される可能性があります。

後遺障害診断書には、このような痛みやしびれの症状を記載する箇所もありますので、医師の先生には、可動域の測定結果だけでなく、これらの症状もしっかり記載して頂くようにして下さい。

関連キーワード
交通事故の弁護士無料相談

交通事故の後遺障害1級~14級・死亡事故のご相談は無料です

交通事故の弁護士解決実績 交通事故を弁護士に相談する

交通事故の慰謝料自動計算機

後遺症自動シミュレーション 死亡事故自動シミュレーション

おすすめの記事
交通事故と弁護士
58歳の父が、自動車事故で右脚の膝から下を失いました。 県道で、対向車との衝突事故でした。 初めての経験で、わからないことばかり。知人から弁...
基礎知識
運行供用者とは、自動車損害賠償保障法第3条に規定されている「自己のために自動車を運行の用に供する者」のことで、自動車の使用についての支配権を...
交通事故相談
東京都で娘(31)が交通事故に遭いました。 センターラインを越えてきた対向車が居眠り運転していたことが原因でした。 娘は両足骨折し、右ひざは...
基礎知識
交通事故に遭い治療を受ける場合、自由診療で治療を受ける場合が多いのが現状ですが、健康保険取扱いの指定を受けている医療機関では、健康保険証を提...