追突事故にあいました。病院では頚椎捻挫と診断されました。

加害者の加入している保険会社の担当者から連絡があり、治療費の支払の手続きや治療後の示談など今後はすべて保険会社が窓口となるとの説明を受けました。

加害者からの謝罪はありません。加害者と直接話をしたり、謝罪をしてもらうことはできないのですか?

弁護士からの回答

まず、加害者が自動車保険に加入している場合には、示談代行サービスがついていることがほとんどですので、事故直後から保険会社の担当者が登場し、民事の損害賠償交渉について保険会社の担当者と行うこととなります。

そして、保険会社の担当者が登場すると、加害者の態度等によっては損害賠償額に影響を与える可能性もあるため、被害者の方との直接の交渉をしないよう言われることとなります。

もっとも、加害者の謝罪がないことが示談成立を阻害するひとつの大きな要因であることは否定できません。

したがって、可能性としては低いかもしれませんが、加害者から直接の謝罪があれば示談をしても良いような場合には、保険会社の担当者を通じて、加害者本人の謝罪を求めてもよいでしょう。

交通事故の弁護士無料相談

交通事故の後遺障害1級~14級・死亡事故のご相談は無料です

交通事故の弁護士解決実績 交通事故を弁護士に相談する

交通事故の慰謝料自動計算機

後遺症自動シミュレーション 死亡事故自動シミュレーション

おすすめの記事
交通事故相談
6月の始めころに、車同士の交通事故を起こし、私は整形外科へ救急搬送されました。打撲と頸椎捻挫と、左頬に裂傷を負ってたため、その病院で縫合をし...
交通事故相談
夫(59)が、路上で自動車事故の被害に遭いました。 医師の診断では遷延性意識障害ということで植物状態となってしまい、今後の人生をどうやって生...