叔母(63歳)が、中学3年生の男の子が乗った自転車と衝突し、腰の骨を折る怪我をしてしまいました。腰椎圧迫骨折、ということです。

相手は子供で自転車なので、治療費や慰謝料なども支払いがどうなるのか心配しています。親の責任はないのでしょうか。また、どう対応していけばいいですか?

弁護士からの回答

原則として、責任は加害者本人が負いますので、親の責任はありません。

監督義務違反があれば親が責任を負うこともあります。

たとえば、加害者が日常的に自転車で時速20~30㎞で走行し、危険な運転を繰り返していたのであれば、親の監督義務違反として親に責任が生じ得ます。

どちらにせよ、法定代理人である親を通じて交渉をすることになります。

その際、火災保険に付された賠償保険等、使える保険が相手方にないか、また、ご相談様側にも使える保険がないか確認することになります。

交通事故の弁護士無料相談

交通事故の後遺障害1級~14級・死亡事故のご相談は無料です

交通事故の弁護士解決実績 交通事故を弁護士に相談する

交通事故の慰謝料自動計算機

後遺症自動シミュレーション 死亡事故自動シミュレーション

おすすめの記事
交通事故相談
昨年交通事故に遭い、腰椎圧迫骨折の怪我を負いました。 後遺障害等級は11級とされ、保険会社との示談も済んでしまったのですが、その後色々な人に...