事故の治療のため有給休暇を使った場合でも休業損害になりますか?

弁護士からの回答

ご質問ありがとうございます。

療養のために有給休暇を取得した場合には、実際の収入の減少はないことになりますが、有給休暇というのは本来他の目的で取得することができたのであり、有給休暇を事故のために取得する必要はなかったのですから、取得した有給休暇の日数を休業日数に含めて認定することができます。

交通事故の弁護士無料相談

交通事故の後遺障害1級~14級・死亡事故のご相談は無料です

交通事故の弁護士解決実績 交通事故を弁護士に相談する

交通事故の慰謝料自動計算機

後遺症自動シミュレーション 死亡事故自動シミュレーション

おすすめの記事
交通事故と弁護士
神奈川県の会社員です。12歳の息子が自転車に乗っていたところ自動車事故に遭い、脳挫傷で高次脳機能障害となりました。後遺障害等級5級2号と認定...
交通事故と弁護士
19歳の娘が交通事故で亡くなりました。 自転車で帰宅中に交差点で車に巻き込まれ、少し引きずられました。 相手の運転手は酒気帯び運転で、警察の...