事故の治療のため有給休暇を使った場合でも休業損害になりますか?

弁護士からの回答

ご質問ありがとうございます。

療養のために有給休暇を取得した場合には、実際の収入の減少はないことになりますが、有給休暇というのは本来他の目的で取得することができたのであり、有給休暇を事故のために取得する必要はなかったのですから、取得した有給休暇の日数を休業日数に含めて認定することができます。

交通事故の弁護士無料相談

交通事故の後遺障害1級~14級・死亡事故のご相談は無料です

交通事故の弁護士解決実績 交通事故を弁護士に相談する

交通事故の慰謝料自動計算機

後遺症自動シミュレーション 死亡事故自動シミュレーション

おすすめの記事
交通事故と弁護士
姉(32)が交通事故で死亡しました。本人はもう、示談交渉も訴訟も起こすことができません。この場合、どうすればいいのでしょうか? 仕組みが難し...
交通事故と弁護士
75歳(事故当時72歳)母親の交通事故の件でお尋ねします。 横断歩道歩行中車にはねられ後遺障害等級9級で現在交渉中です。(過失割合は10対0...