78歳の父が自動車にひかれて死亡しました。賠償金額はいくらくらいが相場なのでしょうか?

弁護士からの回答

交通事故でお亡くなりになってしまった場合、葬儀費用、慰謝料及び逸失利益が賠償を請求できる主な損害項目となります。

このうち、葬儀費用は150万円を上限としてかかった実額が認められます。

また、慰謝料については、高齢者の方ですと裁判上は2000万円程度が目安となります。

逸失利益については、就労状況によって変わってきますので一概に申し上げることはできません。

お父様は78歳とご高齢ですが、もしまだお仕事をされていればその収入について認められますし、また、年金収入があれば年金についても認められます。

なお、最後に、事故態様によっては、被害者の側にも一定の落ち度があるとして、損害合計額から被害者側の過失分が差し引かれる過失相殺という処理がなされる場合がありますので、注意が必要です。

関連キーワード
交通事故の弁護士無料相談

交通事故の後遺障害1級~14級・死亡事故のご相談は無料です

交通事故の弁護士解決実績 交通事故を弁護士に相談する

交通事故の慰謝料自動計算機

後遺症自動シミュレーション 死亡事故自動シミュレーション

おすすめの記事
交通事故相談
交通事故で、第一腰椎圧迫骨折になりました。 後遺障害等級の申請をすると、後遺障害等級11級7号に認定されました。 しかし、医師からは、もっと...
交通事故と弁護士
9歳の息子が高次脳機能障害というものになってしまいました。医師からそう言われました。 千葉県の横断歩道を渡っているときに20kmオーバーの車...
交通事故相談
子供が市内を走る路線バスにはねられ、頭を強く打ちました。 医師からは遷延性意識障害で今後も植物状態だろうと告げられました。 知人から紹介され...