バイクを運転中に自動車と接触して脳挫傷、骨折などの怪我をしました。
今も治療中ですが、骨折した右足がうまく動かないなどの症状があります。

保険会社から、そろそろ症状固定として後遺障害の申請を、との話がありましたが、後遺障害の等級とはどのようなものなのですか?

自分は今大学生で、これから就職活動などもする予定ですが、後遺障害の等級があることでなにか不利益を受けるようなことがあるのであれば、申請はしない方がいいのでは?とも思っています。アドバイスお願いします。

弁護士からの回答

まず,後遺障害の等級は,損害保険料率算出機構(損保料率機構)という機関が,傷害の程度等の調査を行い認定するもので,自賠法施行令別表に,1級から14級まで定められております。

実務では,この後遺障害等級が,後遺障害慰謝料や後遺障害逸失利益等の算定の目安となっております。

したがって,後遺障害等級が認定されれば,等級に応じた後遺障害分としての損害も確定し,傷害分と合わせた賠償請求をすることができます。

次に,後遺障害の等級は,あくまで交通事故によって被った損害を填補するための基準であり,後遺障害等級があること自体によって不利益を受ける可能性は少ないといえます。

もっとも,後遺障害が残っているという状態につきましては,考慮される可能性がないとは言い切ることができません。

また,申請しなければいつまでも損害額が確定せず,相手方から適切な損害の賠償を受けることができないことになります。

さらに,交通事故の損害賠償請求においては消滅時効にも気を付ける必要があります。

消滅時効の期間は,後遺障害が残った場合には,原則として症状固定日から3年です。

したがって,症状固定後等級の申請をしないままにしておくと,時効によって請求が認められなくなることがあるということには注意が必要です。

関連キーワード
交通事故の弁護士無料相談

交通事故の後遺障害1級~14級・死亡事故のご相談は無料です

交通事故の弁護士解決実績 交通事故を弁護士に相談する

交通事故の慰謝料自動計算機

後遺症自動シミュレーション 死亡事故自動シミュレーション

おすすめの記事
交通事故相談
交通事故で怪我をしたので、加害者に賠償金を請求したいので、弁護士に依頼したいと思います。自分の任意保険に 弁護士からの回答 弁護士費用特約は...
交通事故相談
交通事故で、左大腿骨開放性骨折になり、左足が右足と比べて4cm短くなってしまいました。 保険会社からは、下肢短縮障害で後遺障害等級10級8号...