交通事故で頸椎捻挫になり今月で三か月になります。事故時の追突の衝撃は割と大きく、軽自動車が私の車の左側面に追突し一回、それで私の車が反転してブロック塀に当たり二回、そして後部が標識に当たり止まりました。私は気絶していたのか衝突のことはあまり記憶になく、後で知りました。
そのまま整形外科に救急搬送されて、頸椎捻挫と診断され、今もずっとリハビリに通っています。事故当初全く上がらなかった首も、今はだいぶ上がるようになりました。しかし、首や肩の痛みをはじめ、酷いコリ、夜中の頭痛、めまい、足元がふらつき時々転ぶ、手のひらの痺れ、左肩が痛く上がらない、背中の痛み、夜中の頻尿、握力の極端な低下などがあるため、MRIを撮ることになりました。
それでご意見をお聞かせ願います。もし、このMRIに異常所見が見られなかった場合、症状固定となってしまうものなのでしょうか?頸椎捻挫の症状固定は三か月が殆どと聞ききましたので。
どうか宜しくお願い致します。

弁護士からの回答

症状固定とは、医学上一般に初認された治療方法で治療しても、その効果が期待し得ない状態をいいます。

頚椎捻挫の場合には、保険会社が事故から3ヵ月程度で治療の打ち切りを通告してことが多いです。

保険会社は、治療費を支払う際には、被害者から医療照会の同意書を取り、病院に対して、医療照会をし、かつ診療報酬明細書や診断書を求めてきます。

それを保険会社の顧問医に診てもらうなどしながら、相当な治療かどうかを判断します。

その結果、すでに治療ないし症状固定と判断したときは治療費の打ち切りを通告してくるのです。

しかし、これは保険会社が勝手に判断して打ち切っているだけのことです。

「これ以上治療をしてはならない」という意味ではなく、「保険会社としては、治療は完了ないし症状固定と判断するので、治療費は支払えません。

ただし、後で治療が必要だったと分かった場合は、その分は後で支払います」という意味です。

したがって、たとえ治療費の打ち切りの通告が来たとしても、その通告に安易に従うのではなく、主治医と相談し、治療効果が出ている限りは、治療を継続するべきです。

一度症状固定と診断されてしまうと、仮に症状固定後に治療をしたとしても治療費は自己負担になってしまいますので、注意が必要です。

交通事故の弁護士無料相談

交通事故の後遺障害1級~14級・死亡事故のご相談は無料です

交通事故の弁護士解決実績 交通事故を弁護士に相談する

交通事故の慰謝料自動計算機

後遺症自動シミュレーション 死亡事故自動シミュレーション

おすすめの記事
交通事故相談
息子(20)を自動車事故で亡くしました。自転車に乗っているところを左折しようとした車に巻き込まれました。悲しくて、同時に悔しくて怒りがこみ上...
基礎知識
被害者請求とは、被害者が、加害者の自賠責保険会社に直接損害賠償額の支払いを請求する手続のことをいいます。これに対し、加害者が自賠責保険に対し...
交通事故
先日、交通事故にあいました。相手の信号無視によるものです。 事故当日は、相手も信号を見ていなかったと認めていましたが、今日になって、自分が青...
交通事故相談
母親が交通事故に遭い、中心性脊髄損傷と診断されました。 事故から2ヵ月たった現在も、入院中です。 右腕全体に麻痺が残っており、動かすことがで...