母が交通事故に遭い、先日、自賠責の被害者請求で後遺障害等級2級1と裁定されました。

相手方の保険会社から、代理で示談交渉をするのであれば、成年後見人の指定を受けるように言われましたが、成年後見人を付けると色々な制約を受けると思うのですが、示談交渉をするのに 他に方法は無いのでしょうか?

弁護士からの回答

まず、示談交渉を行い実際に有効に示談をするためには、被害者本人に意思能力(自己の行為の結果を弁識するに足りる精神的な能力のこと)があることが前提となります。

そして、この意思能力が無い者がした示談は無効となりますので、保険会社としてもそのようなリスクがあるために、成年後見人の指定を受けるように言っているものと考えます。

ここで、自賠責後遺障害等級別表第1第2級1は、「神経系統の機能又は精神に著しい障害を残し、随時介護を要するもの」が該当するとされていますので、重度の後遺障害であり、意思能力を欠くと判断される方も少なくありません。

しかし、上記等級であるからといって、全ての方が意思能力を欠いているわけではありませんので、成年後見人の指定が必要であるかはケースバイケースと言うことになります。

また、上記等級の場合には、将来介護費用等も含め、保険会社との交渉には専門的知識が不可欠となりますので、成年後見人の指定の要否も含め、交通事故に精通している弁護士に早期に相談すべきといえます。

交通事故の弁護士無料相談

交通事故の後遺障害1級~14級・死亡事故のご相談は無料です

交通事故の弁護士解決実績 交通事故を弁護士に相談する

交通事故の慰謝料自動計算機

後遺症自動シミュレーション 死亡事故自動シミュレーション

おすすめの記事
交通事故
保険会社から郵便物が届くたびに怒りがこみ上げてくるのです。もちろん、心では早く示談に応じて解決したいとも思っておるのです。 しかし、慰謝料な...
基礎知識
道路で行うと法律違反となる行為で、あまり知られていないことをピックアップしました。 憶えておきましょう。 道路交通法76条4項によると、次の...