事故当時 17歳  症状固定時 18歳の男子です。
事故当時 職人として働いていました。(当時の親方 亡くなられ給与明細等がありません。現金で手渡しされていたため)

後遺障害が認められた場合に遺失利益の請求は出来ないのですか。

弁護士からの回答

まず、給与明細がないとのことですが、源泉徴収票や課税証明書、休業損害証明書もないでしょうか。

これらの客観的資料をもとに、逸失利益の請求をしていくとよいでしょう。

それもない場合には、関係者(同僚や親方のご家族など)の陳述書を用いる他ないと考えます。

もっとも、30歳未満の場合には、事故時の職業や事故前の職歴と稼働状況、現実収入の金額と平均賃金との乖離の程度等を総合的に考慮して、将来的に傷害を通じて賃金センサスの被害者の属する性の全年齢平均賃金程度の収入を得ることができる蓋然性を立証することができた場合には、この全年齢平均賃金を基礎収入として請求していくことができます。

この蓋然性の立証についても、客観的な資料がない場合には、これも関係者(同僚や親方のご家族など)の陳述書を用いるほかない場合もあるでしょう。

なお、仮に最終学歴が高校卒業である場合には4,585,100円(平成24年)を基礎収入として逸失利益を請求していくことになります。

交通事故の弁護士無料相談

交通事故の後遺障害1級~14級・死亡事故のご相談は無料です

交通事故の弁護士解決実績 交通事故を弁護士に相談する

交通事故の慰謝料自動計算機

後遺症自動シミュレーション 死亡事故自動シミュレーション

おすすめの記事
交通事故相談
5歳の息子の死亡事故について、ご相談です。近所で遊んでいたところ、横断歩道で息子が交通事故に遭い亡くなりました。示談交渉が始まったのですが、...
交通事故相談
母が交通事故に遭い、腰椎の圧迫骨折、右手首の複雑骨折、右大腿骨の骨折、右肩の脱臼という重傷を負いました。 まだ後遺障害等級の認定はされていま...
交通事故相談
3月2日、踏切り待ちで停車中に後部から追突されました。 すぐ、外に出て重複事故を避けるために、左側の停車を相手側の運転手に誘導しましたが右に...
保険について
交通事故に遭って怪我をしたので、自分の自動車保険を確認したところ、「搭乗者傷害保険」というものがついていました。この保険は、どのような保険な...