事故当初より、婚約者と同棲しており、経済面では婚約者の支えがあり、私は家事を任されておりました。

保険会社より、婚約者との同居関係を証明するもの(住民票など)を提出するよう言われましたが、こちらの落ち度で、婚約者が契約している賃貸でありながらも、本人は住民票の移動はしておらず、私の住民票しかありません。また、婚約者が勤めている会社への届けも、住民票同様に実家のままです。効力のある証明ができず困ってます。やはり、このような場合の休業損害賠償の請求を認めてもらうのは難しいものでしょうか。

弁護士からの回答

同居関係については、住民票の移動や勤務先への届出等がされている場合には、それを証拠として提出することが一般的ではあります。

しかし、そのようなものがない場合であっても、例えば同居先に届いている郵送物や、同居先の大家や隣人等の第三者の陳述書によって、同居関係を立証することも可能といえます。

交通事故の弁護士無料相談

交通事故の後遺障害1級~14級・死亡事故のご相談は無料です

交通事故の弁護士解決実績 交通事故を弁護士に相談する

交通事故の慰謝料自動計算機

後遺症自動シミュレーション 死亡事故自動シミュレーション

おすすめの記事
交通事故相談
8歳の息子を交通事故で亡くしました。 加害者に対して損害賠償を請求したいのですが、慰謝料などの賠償額は、いくらくらいになるのでしょうか? 弁...
交通事故相談
友達の後ろを自分が走っているときに車が追い越しをしてきて友達に当たりました。 友達がフラついた所に当たり自分が転倒し、友達は気づかずに走って...
交通事故相談
64歳の母が千葉県の県道で車にひかれ、頭を強く打ちました。 急性硬膜下血腫と脳挫傷で後遺障害等級1級1号と認定されてしまいました。 加害者側...