H25.4月に歩行中、車と壁に挟まれて左恥骨骨折をし1か月の入院半年後に症状固定(左恥骨骨折・右臀部の腫れ・右臀部の筋ヘルニア)をしました。2度目の意義申し立てで14級9号(左足の痺れ)が認定されました。また1年半近く経過したにも関わらず右臀部は腫れていて線状痕が残っている状態です。
そして先日、筋ヘルニアの状態が悪化し手術をしなければいけない状態です。
このような症状で後遺症認定とうは該当しますでしょうか?また損害賠償請求についてアドバイスをいただけないでしょうか?
よろしくお願いいたします。

関連キーワード
交通事故の弁護士無料相談

交通事故の後遺障害1級~14級・死亡事故のご相談は無料です

交通事故の弁護士解決実績 交通事故を弁護士に相談する

交通事故の慰謝料自動計算機

後遺症自動シミュレーション 死亡事故自動シミュレーション

おすすめの記事
交通事故相談
母親が交通事故で死亡しました。 加害者の刑事の判決がでたのですが、執行猶予付きのものでした。 どうしても納得がいきません。 実刑を望んでいる...
交通事故
追突事故に遭い、頚椎捻挫、腰椎捻挫の怪我を負い、後遺障害は12級となりました。 私は自営業で土木関係の仕事をしていて、去年はだいたい2000...
交通事故相談
7ヶ月前に事故に遭い、顔面神経麻痺と頸椎捻挫でそれぞれ違う病院に通院中です。先日、保険会社から、顔面神経麻痺についての後遺症申請の用紙が送ら...
基礎知識
過失相殺とは、交通事故の発生や、損害の拡大について、被害者側に過失がある場合に、過失割合に基づいて損害賠償額を減額することです。 たとえば、...