頚椎捻挫後の頚部痛、右手のしびれで、後遺障害等級12級13号に認定されました。治療期間は192日間、実通院日数は81日です。この場合の慰謝料はいくらになりますか?

また、後遺症の逸失利益は、12級の場合は10年間になってしまう、と聞いたのですが、意味がよくわかりません。教えてください。

弁護士からの回答

慰謝料は、傷害慰謝料と後遺障害慰謝料に分かれます。

このうち傷害慰謝料は入通院の日数・期間によって決まります。通院期間が192日だとすると傷害慰謝料は120万円ほどとなります。

後遺障害慰謝料は、後遺障害等級によって決まり、12級ですと290万円前後となります。

逸失利益は、基礎収入×労働能力喪失率×労働能力喪失期間に対応したライプニッツ係数で計算されます。

このうち労働能力喪失期間は、原則として症状固定時から67歳までの期間、もしくは平均余命の半数となります。

しかし、12級13号の神経症状(痛みやしびれ)の場合、「慣れ」や症状の緩和によって、10年ほどで労働への影響がなくなるとして、労働能力喪失期間は10年に制限されるとする考え方があります。

しかし、同様の考え方をとっていない裁判例も多数存在し、一概にはいえません。

12級13号でも症状は様々ですので、結局は個別に検討していくことになります。

交通事故の弁護士無料相談

交通事故の後遺障害1級~14級・死亡事故のご相談は無料です

交通事故の弁護士解決実績 交通事故を弁護士に相談する

交通事故の慰謝料自動計算機

後遺症自動シミュレーション 死亡事故自動シミュレーション

おすすめの記事
交通事故相談
妻が交通事故で死亡しました。加害者側の保険会社と話し合いをましたが、示談が決裂しました。損害賠償金の金額に、あまりにも開きがあるからです。 ...
基礎知識
交通事故による損害賠償請求権にも、時効はありますが、損害賠償の内容によって異なります。 ①自賠責保険に対する被害者請求の時効 平成22年3月...
交通事故相談
自損事故をしてしまいました。対人賠償保険や対物賠償保険が使えないことはわかるのですが、「車両保険」は、使えるでしょうか?どのような保険なので...