交通事故で怪我をしても治療できない「後遺症」が残る場合があります。後遺症が残ると、交通事故の損害賠償は、どう違ってくるのでしょうか?

弁護士からの回答

 「後遺症」とは、傷病に対して行われる医学上一般に承認された治療方法をもってしても、その効果が期待しえない状態で、自然的経過によって到達すると認められる最終の状態において、残存している症状をいいます。

 後遺症が残ってしまった場合には、後遺障害等級認定手続を行うことになります。
 後遺障害等級には、その程度に応じて1級から14級が認定され、1級が一番重い後遺症になります。

 交通事故による損害賠償には、傷害による損害(治療費、通院交通費、休業損害、傷害慰謝料)と後遺症による損害(逸失利益、後遺症慰謝料)がありますが、後遺症が残った場合には、傷害による損害に加え、後遺障害による損害を請求していくことになります。

 そして、以下のとおり、逸失利益(計算式:事故前の年収×労働能力喪失率×就労可能年数)や後遺症慰謝料は、認定された後遺障害等級によって大きく金額が異なってきます。また、自賠責保険から支払われる金額も異なります。

別表1

等級 後遺症慰謝料 労働能力喪失率 自賠責の保険金額
第1級 2800万円 100% 4000万円
第2級 2370万円 100% 3000万円

別表2

等級 後遺症慰謝料 労働能力喪失率 自賠責の保険金額
第1級 2800万円 100% 3000万円
第2級 2370万円 100% 2590万円
第3級 1990万円 100% 2219万円
第4級 1670万円 92% 1889万円
第5級 1400万円 79% 1574万円
第6級 1180万円 67% 1296万円
第7級 1000万円 56% 1051万円
第8級 830万円 45% 819万円
第9級 690万円 35% 616万円
第10級 550万円 27% 461万円
第11級 420万円 20% 331万円
第12級 290万円 14% 224万円
第13級 180万円 9% 139万円
第14級 110万円 5% 75万円

 このように、後遺症が残った場合には、後遺症がない場合と比較して、損害賠償請求の金額が多額になります。

交通事故の弁護士無料相談

交通事故の後遺障害1級~14級・死亡事故のご相談は無料です

交通事故の弁護士解決実績 交通事故を弁護士に相談する

交通事故の慰謝料自動計算機

後遺症自動シミュレーション 死亡事故自動シミュレーション

おすすめの記事
交通事故相談
教えてください。 1ヶ月前に、母が交通事故に遭い、亡くなりました。 加害者は逮捕されています。 初めてのことなので、何をしていいかわかりませ...
交通事故相談
交通事故で、脳挫傷の怪我をしました。 数ヵ月治療を行いましたが、頭痛が治らなかったため、後遺障害等級の申請をしたら、12級13号となりました...