交通事故では、「自賠責基準」「任意保険基準」「弁護士基準」があると聞きましたが、これらを説明してください。

弁護士からの回答

保険会社から提示される和解案の中に、慰謝料算定等の根拠として任意保険基準(弊社基準)と記載されていることも少なくないと思いますが、そもそもこの任意保険基準とは何なのでしょうか。

交通事故の損害賠償の算定根拠としては、ご質問の通り、大きく分けて「自賠責基準」、「任意保険基準」、「弁護士基準」の3つの基準があるとされています。

そして、金額としては弁護士基準>任意保険基準>自賠責基準とされています。

そこで、一番低い自賠責基準から見ていきますと、この自賠責基準は自動車損害賠償補償法に基づく自賠責保険の支払基準のことをいいます。自賠責保険は強制加入であり人身事故による人身損害の最低限の補償をすることが目的となっていることから、基準としては一番低いものとなります。

次に、任意保険基準です。この任意保険基準は任意保険会社が独自に設けている基準となりますが、概ね自賠責基準と弁護士基準の間の額として設けられていますが、あくまで保険会社が設けている基準であり自賠責基準のような根拠があるものではありません。したがって、算定根拠として任意保険基準と記載されており、基準通りだからといって安易に和解をしてはいけません。

最後に、弁護士基準です。こちらは、裁判をした場合に見込まれる金額の基準となりますが、具体的には公益財団法人日弁連交通事故相談センター東京支部が発行する損害賠償額算定基準(通称「赤い本」)の記載によることとなります。算定根拠として弁護士基準と記載がある場合には、赤い本の通りであるかを確認することになりますが、個別・具体的事情によっては、増額の可能性もあるところですし、保険会社からの和解案には事故日からの遅延損害金や弁護士費用が考慮されていませんので、示談の際には注意が必要となります。

交通事故の弁護士無料相談

交通事故の後遺障害1級~14級・死亡事故のご相談は無料です

交通事故の弁護士解決実績 交通事故を弁護士に相談する

交通事故の慰謝料自動計算機

後遺症自動シミュレーション 死亡事故自動シミュレーション

おすすめの記事
交通事故相談
車と歩行者の事故により、叔父が1年の治療の後亡くなりました。 相手の任意保険の会社により保険手続が行われています。 これまでに、自賠責保険か...
交通事故相談
義理の妹が交通事故に遭い亡くなりました。妊婦でした。そのため、お腹の赤ちゃんは6ヵ月でしたが、いっしょに亡くなってしまいました。本当にかわい...
交通事故相談
後遺障害等級の結果が不満だったので、異議申立をしましたが、結果に変更はありませんでした。 異議申立の方法として、他にも紛争処理機構というもの...