車対車で当方が、右側後方で相手方は右側前方で物損事故です。
当方は停止した状況で一方的にぶつけられました。

センターラインのない道路で当方がやや中央よりはみだしていましたが保険会社の言い分は、五分五分になりました。

納得がいかないので裁判を申し立て裁判結果やはり五分五分となり裁判官、裁判に対する信頼も全くなくしました。

当方が止まっていた証明がうまくできませんでした、今後同じような場合証明方法はありますか?

弁護士からの回答

物損事故の場合には,警察で物件事故報告書が作成されますので,まずは物件事故報告書を取り寄せ,当該記載をもとに事故態様を証明することになります。

もっとも,人損事故の場合に作成される実況見分調書等と異なり,物件事故報告書には事故態様の詳細が記載されていないことも多いです。

そのような場合の証明方法としては,ドライブレコーダの記録,目撃者の証言,事故現場付近の店舗に備えつけられた防犯カメラの映像(店外の道路が撮影範囲に含まれている場合もあるためです)といったもので証明することになるかと存じます。

関連キーワード
交通事故の弁護士無料相談

交通事故の後遺障害1級~14級・死亡事故のご相談は無料です

交通事故の弁護士解決実績 交通事故を弁護士に相談する

交通事故の慰謝料自動計算機

後遺症自動シミュレーション 死亡事故自動シミュレーション

おすすめの記事
交通事故相談
自転車で道路を横断中に左側から走ってきた乗用車と衝突し、頭蓋骨開放陥没骨折の大けがを負いました。 横断歩道がなかったこと、渋滞車両の間を通っ...
基礎知識
交通事故に遭い治療を受ける場合、自由診療で治療を受ける場合が多いのが現状ですが、健康保険取扱いの指定を受けている医療機関では、健康保険証を提...
交通事故相談
バイクを運転中に自動車と接触して脳挫傷、骨折などの怪我をしました。 今も治療中ですが、骨折した右足がうまく動かないなどの症状があります。 保...