事故にあい股関節付近の筋肉を痛めました。関節自体は損傷していないので、痛みを我慢すれば動かせます。
痛みによる可動域制限はあるのでしょうか?

MRIには筋の損傷が映っていて痺れ・知覚鈍麻があります。
このような場合はどうしたらよいでしょうか?

よろしくお願いいたします。

弁護士からの回答

まず、関節の機能障害発生の原因としては、大きく、関節そのものの器質的損傷等の器質的変化によるものと、神経麻痺、疼痛、緊張等の機能的変化によるものとに区分されます。

関節可動域の測定値については、日本整形外科学会及び日本リハビリテーション医学会により決定された「関節可動域表示ならびに測定法」に従い、原則として、他動運動による測定値によることとされていますが、他動運動による測定値を採用することが適切でないものについては、自動運動による測定値を参考として、後遺障害等級の認定が行われます。

この他動運動による測定値を採用することが適切でないものとは、例えば、末梢神経損傷を原因として関節を可動させる筋が弛緩性の麻痺となり、他動では関節が可動するが、自動では可動できない場合や、関節を可動させるとがまんできない程度の痛みが生じるために自動では可動できないと医学的に判断される場合等をいいます。

したがいまして、ご相談の件では、痛みを我慢すれば可動させることができるのであれば、他動運動による測定値を参考として後遺障害等級が認定されることとなり、その結果として他動運動による測定の結果可動域制限が認められない場合には、可動域制限による後遺障害等級の認定はされないこととなります。

交通事故の弁護士無料相談

交通事故の後遺障害1級~14級・死亡事故のご相談は無料です

交通事故の弁護士解決実績 交通事故を弁護士に相談する

交通事故の慰謝料自動計算機

後遺症自動シミュレーション 死亡事故自動シミュレーション

おすすめの記事
交通事故相談
70歳の父が自動車事故に遭いました。頚椎骨折、脊髄損傷のため寝たきりになってしまいました。父はここまでがんばってきたので、老後は穏やかに暮ら...
交通事故相談
交通事故で怪我をしても治療できない「後遺症」が残る場合があります。後遺症が残ると、交通事故の損害賠償は、どう違ってくるのでしょうか?...
交通事故相談
息子(20)を自動車事故で亡くしました。自転車に乗っているところを左折しようとした車に巻き込まれました。悲しくて、同時に悔しくて怒りがこみ上...
基礎知識
自動車を運転する場合、運転者は自賠責保険に加入しなければなりません。自賠責保険は、自動車損害賠償保障法5条で加入が義務づけられている強制保険...