一年ほど前に事故に遭いその当時から腰痛があります。

先日、MRIを撮りましたが、L4/5に少し狭窄があり椎間板の弾性も少し落ちていますが、事故との因果関係はわからないそうです。
下肢の痺れがあり、膝蓋腱反射・アイレス腱反射ともに低下をとされています。

これだけでは後遺症認定されるでしょうか?

年齢は26歳男です。

弁護士からの回答

14級認定の可能性があります。

痺れ等の神経症状は、14級、12級、9級等あるのですが、14級と12級の違いは、12級は医学的に証明される場合に認められるのに対して、14級は医学的に推定される場合に認められるという点です。

今回のケースですと、画像上の狭窄があり椎間板の弾性も落ちているとのことですが、事故との因果関係が不明とのことですので、医学的に証明されているとはいえません。

したがって、12級の認定は原則として困難です。

しかし、実際、事故直後から症状が生じており、膝蓋腱反射・アイレス腱反射低下等の症状が出ているのであれば、神経学的検査の結果や治療頻度などから医学的に事故によって生じたものと推定され、14級と認定される可能性はあります。

交通事故の弁護士無料相談

交通事故の後遺障害1級~14級・死亡事故のご相談は無料です

交通事故の弁護士解決実績 交通事故を弁護士に相談する

交通事故の慰謝料自動計算機

後遺症自動シミュレーション 死亡事故自動シミュレーション

おすすめの記事
交通事故相談
事故にあい股関節付近の筋肉を痛めました。関節自体は損傷していないので、痛みを我慢すれば動かせます。 痛みによる可動域制限はあるのでしょうか?...