一年ほど前に事故に遭いその当時から腰痛があります。

先日、MRIを撮りましたが、L4/5に少し狭窄があり椎間板の弾性も少し落ちていますが、事故との因果関係はわからないそうです。
下肢の痺れがあり、膝蓋腱反射・アイレス腱反射ともに低下をとされています。

これだけでは後遺症認定されるでしょうか?

年齢は26歳男です。

弁護士からの回答

14級認定の可能性があります。

痺れ等の神経症状は、14級、12級、9級等あるのですが、14級と12級の違いは、12級は医学的に証明される場合に認められるのに対して、14級は医学的に推定される場合に認められるという点です。

今回のケースですと、画像上の狭窄があり椎間板の弾性も落ちているとのことですが、事故との因果関係が不明とのことですので、医学的に証明されているとはいえません。

したがって、12級の認定は原則として困難です。

しかし、実際、事故直後から症状が生じており、膝蓋腱反射・アイレス腱反射低下等の症状が出ているのであれば、神経学的検査の結果や治療頻度などから医学的に事故によって生じたものと推定され、14級と認定される可能性はあります。

交通事故の弁護士無料相談

交通事故の後遺障害1級~14級・死亡事故のご相談は無料です

交通事故の弁護士解決実績 交通事故を弁護士に相談する

交通事故の慰謝料自動計算機

後遺症自動シミュレーション 死亡事故自動シミュレーション

おすすめの記事
交通事故相談
義理の妹が交通事故に遭い亡くなりました。妊婦でした。そのため、お腹の赤ちゃんは6ヵ月でしたが、いっしょに亡くなってしまいました。本当にかわい...
交通事故と弁護士
交差点を渡っているときに母が交通事故に遭い、脊髄損傷で下半身が完全に麻痺してしまいました。相手からの謝罪はなく、保険会社の損害賠償提示額にも...
基礎知識
道路で行うと法律違反となる行為で、あまり知られていないことをピックアップしました。 憶えておきましょう。 道路交通法76条4項によると、次の...
交通事故相談
会社員(42)です。交通事故に遭いました、バイクを運転中、後ろから追い越しを掛けてきた車がなぜか横から幅寄せしてきて、思わず私はハンドルを左...