民法第712条は、自己の行為の責任を弁識する能力を備えていなかった場合は、未成年者は責任を負わない、と規定されています。この自己の行為の責任を弁識する能力を、責任能力といいます。

未成年者に責任能力が認められない場合、民法第714条1項では、その未成年者を監督する法定の義務を負う者(一般的には親)が、その損害を賠償する責任を負うと規定されています。

15歳の場合に責任能力が認められるかどうかですが、裁判例を見ると、責任能力が認められる年齢は、具体的な行為の内容や、その未成年者の状況などを個別に考慮して判断していますが、11歳11ヶ月の少年に責任能力を認めた判例や、反対に12歳2ヶ月の少年に責任能力を否定した判例があります。14歳の場合は、責任能力が認められると考えます。

責任能力が認められれば、未成年者が責任を負うことになりますので、親が民法第714条1項の監督義務者としての責任を負うことはありません。

しかし、この場合でも、親の監督義務違反と未成年者の不法行為との間に因果関係が認められるときは、親に民法第709条の不法行為責任が生じるとした裁判例もあります。
ですので、未成年者の交通事故が、親の監督義務違反によって生じたと認められるような事情がある場合には、親にも責任が生じる場合があると考えます。

なお、未成年者ではありませんが、2011年4月18日に起きたてんかんの発作を原因とする鹿沼市クレーン車暴走事故では、母親が、加害者にてんかんの発作があることや、薬を飲み忘れていたことを知りながら加害者の運転を黙認していた等の事情から、裁判所が母親の責任を認めています。

関連キーワード
交通事故の弁護士無料相談

交通事故の後遺障害1級~14級・死亡事故のご相談は無料です

交通事故の弁護士解決実績 交通事故を弁護士に相談する

交通事故の慰謝料自動計算機

後遺症自動シミュレーション 死亡事故自動シミュレーション

おすすめの記事
交通事故相談
4歳の息子を交通事故で亡くしました。 加害者に対して損害賠償を請求したいtと思いますが、慰謝料などの賠償額は、いくらくらいになるのでしょうか...
交通事故相談
交通事故で、左大腿骨開放性骨折になり、左足が右足と比べて4cm短くなってしまいました。 保険会社からは、下肢短縮障害で後遺障害等級10級8号...
交通事故相談
母の自動車事故の被害について教えてください。 横断歩道を渡っているところ、左折してきた自動車にはねられ、頭を強く打ち、脳挫傷により亡くなりま...
交通事故相談
父が交通事故で死亡しました。息子の私が損害賠償請求をしようと思っているのですが、ひとつご相談があるのです。 じつは、お恥ずかしい話なのですが...