交通事故による損害賠償請求権にも、時効はありますが、損害賠償の内容によって異なります。

自賠責保険に対する被害者請求の時効

平成22年3月31日以前に発生した交通事故については、傷害・死亡の場合は事故日から2年、後遺障害がある場合は症状固定日から2年です。
平成22年4月1日以降に発生した交通事故については、傷害・死亡の場合は事故日から3年、後遺障害がある場合は症状固定日から3年です。

時効が近づいてきた場合には、事故経過前に、保険会社から「時効中断承認書」という書類をもらえば、時効を中断させることができます。

加害者に対する損害賠償請求の時効

加害者に対する損害賠償請求の時効は、「損害及び加害者を知った時」(民法第724条)から3年です。あるいは、損害及び加害者がわからなかったとしても、事故日から20年経過すれば時効により消滅します。

後遺障害がある場合には、症状固定した時点で、 はじめて後遺障害を含む損害について知ったことになるので、時効は症状固定日から3年となります。

時効を中断させるには、加害者側から債務を承認する書面を書かせる、賠償金を一部支払わせる、裁判を起こす、などの方法があります。また、内容証明郵便(催告)によって6ヶ月延長させることはできますが、 この場合には、6ヶ月以内に訴裁判を起こさなければなりません。

関連キーワード
交通事故の弁護士無料相談

交通事故の後遺障害1級~14級・死亡事故のご相談は無料です

交通事故の弁護士解決実績 交通事故を弁護士に相談する

交通事故の慰謝料自動計算機

後遺症自動シミュレーション 死亡事故自動シミュレーション

おすすめの記事
交通事故
先日、交通事故にあいました。相手の信号無視によるものです。事故当日は、相手も信号を見ていなかったと認めていましたが、今日になって、自分が青だ...
交通事故と弁護士
母が交通事故に遭い、先日自賠責の被害者請求で後遺障害等級2級1と裁定されました。 相手方の保険会社から、代理で示談交渉をするのであれば、成年...
基礎知識
紛争処理機構は、正式名称は一般財団法人自賠責保険・共済紛争処理機構といいます。平成14年4月1日に施行された改正自動車損害賠償保障法に基づい...
交通事故
父(65)が交通事故で亡くなりました。 横断歩道を渡っている父に、左折してきたバイクが追突したのです。父は頭をアスファルトで打ち亡くなりまし...