車両損害(物損に入ります)とは、車両に損傷を受けたことから発生した損害を言います。
修理費、買替差額、評価損、代車使用料、物損に関する慰謝料等が挙げられます。

修理費については、修理が可能であり、また修理することが相当である場合に認められます。修理が不能である場合には、買替をすることになります。

修理が不能である場合とは、裁判例によると、車両が物理的又は経済的に修理不能と認められる状態になったとき、あるいは買替えすることが社会通念上相当と認められるとき、とされています。

車両が経済的に修理不能と認められる状態になったときとは、修理費の見積額が、買い替えた場合の金額より高くなってしまう場合です。

この場合、被害者がその車両に愛着があり、金額が高くなってしまうが修理することにしたとしても、損害として認められるのは、買い替えた場合の金額までです。

ただし、被害車両と同じ自動車を中古車市場で取得することが困難であったり、修理費が買い替えた金額よりも高額になってしまうとしても修理して引き続き使用したいと被害者が希望することが社会通念上是認できる相当の事由があるなど、特段の事情がある場合には、例外として修理費を損害と認める場合もあります。

買換えすることが社会通念上相当と認められるときとは、フレーム、エンジン等の車体の本質的構造部分に重大な損傷を生じたことが客観的に認められるときをいいます。

関連キーワード
交通事故の弁護士無料相談

交通事故の後遺障害1級~14級・死亡事故のご相談は無料です

交通事故の弁護士解決実績 交通事故を弁護士に相談する

交通事故の慰謝料自動計算機

後遺症自動シミュレーション 死亡事故自動シミュレーション

おすすめの記事
交通事故と弁護士
福岡市在住の者です。 東京の大学に通っている息子が交通事故に遭い、脳挫傷の怪我をして、現在も入院中です。 今後の保険会社との交渉や、場合によ...
基礎知識
後遺症逸失利益とは、後遺障害を負ったことにより、労働ができなくなって将来収入が減少するために失われる利益のことです。 ① 後遺障害逸失利益の...