交通事故の死亡事故・後遺障害被害者の質問に回答
交通事故弁護士相談Q&A

交通事故と搭乗者傷害保険

2013年12月09日

交通事故に遭って怪我をしたので、自分の自動車保険を確認したところ、「搭乗者傷害保険」というものがついていました。この保険は、どのような保険なのでしょうか?

弁護士からの回答

搭乗者傷害保険とは、保険をかけていた自動車に搭乗中に傷害を負った場合に、あらかじめ保険契約で定められていた金額の支払いを受けることのできる保険です。

したがって、例えば、歩行中に自動車に衝突されて怪我を負ってしまったような場合には、残念ながら保険金を受け取ることはできませんが、他方、保険をかけていた自動車に搭乗中であれば、事故についてご自身に過失のあるような自損事故であっても保険金を受け取ることができます。

清水様は今回交通事故に遭ってお怪我をされてしまったとのことですが、当該交通事故が、搭乗者傷害保険を付けられていた自動車に搭乗中の事故である場合には、保険金の支払いを受けることができますので、保険会社に請求してみて下さい。

なお、搭乗者傷害保険は、相手方の損害賠償とは関係なく受け取ることができる保険です。

したがって、搭乗者傷害保険金を受け取っても相手方から支払いを受けることができる損害賠償額が減額されるわけではありませんので、ご安心下さい。

おすすめの記事

交通事故の弁護士無料相談

交通事故の後遺障害1級~14級・死亡事故のご相談は無料です

交通事故の慰謝料自動計算機