この場合、友人を乗せていた運転者(私)と、加害車両の運転者の共同の行為によって被害者に損害が発生したと言えるので、民法第719条の共同不法行為責任が発生することになります。

同条では、数人が共同の不法行為によって他人に損害を加えたときは、各自が連帯してその責任を負う、として、連帯責任を規定しています。

したがって、被害者は、被害者を乗せていた運転者(私)と、加害車両の運転者のどちらにでも全額の損害賠償を請求することができます。

どちらかが被害者に損害賠償金全額を支払った場合は、一方の共同不法行為者は、過失割合に従って、他方の共同不法行為者に対して求償することができます。

また、一方の不法行為者が被害者に損害賠償金の一部を支払った場合は、他方の共同不法行為者は、自分の負担すべき金額を超えている場合に限り、他方の共同不法行為者に対し、求償することができます。

要するに、共同加害者の過失割合の負担は、被害者には関係ないことなので、とにかくどちらかが全額被害者に賠償をし、その後で加害者同士で負担割合を決めるべき、ということになっています。

関連キーワード
交通事故の弁護士無料相談

交通事故の後遺障害1級~14級・死亡事故のご相談は無料です

交通事故の弁護士解決実績 交通事故を弁護士に相談する

交通事故の慰謝料自動計算機

後遺症自動シミュレーション 死亡事故自動シミュレーション

おすすめの記事
交通事故相談
高校生の息子が交通事故に遭いました。遷延性意識障害で植物状態のままです。 ところで、逸失利益についてお訊きします。 息子は高校三年で大学への...
交通事故
父親が交通事故に遇い後遺症害一級になりそうです。 示談するのに成年後見人が必要と言われました。 私が長男なので私が成年後見人になれる?かはわ...
交通事故相談
5歳の息子の死亡事故について、ご相談です。近所で遊んでいたところ、横断歩道で息子が交通事故に遭い亡くなりました。示談交渉が始まったのですが、...