交通事故に遭ったので、自分の任意保険会社に連絡したところ、「人身傷害補償保険が使えます」と言われました。これは、どのような保険なのでしょうか?

弁護士からの回答

人身傷害補償保険とは、人身に関する損害について、ご自身(またはご家族)の任意保険会社から、約款に従った保険金の支払を受けることができる保険です。

治療費、交通費、休業損害、入通院慰謝料、後遺障害慰謝料、逸失利益など一般的な損害項目に関して補償を受けることができるのです。

人身傷害補償保険は、補償無制限のものもあれば上限が3000万円ほどに設定されているものもあります。

実費以外の入通院慰謝料や後遺障害慰謝料に関して、明確な基準が定められており、金額に関して争えないケースがほとんどです。

交通事故においては、加害者が賠償責任を負うので、本来は加害者の任意保険会社から全額の弁済を受けるべきとも思えます。

しかし、被害者側に過失があり、加害者側から全額の賠償を受けられない場合や、加害者側の任意保険会社の動きが遅い場合などは、人身傷害補償保険から保険金の支払を受けるのが良いでしょう。

ここで、加害者側の任意保険と被害者側の人身傷害保険のどちらから先に支払を受けるべきか問題となります。

被害者側に過失がある場合、これまでの裁判実務からして、人身傷害保険金を先に受け取ったほうが被害者に有利な結果となることが多いのですが、遅延損害金や、弁護士費用等との関係から、ケースバイケースですので一度は専門家にご相談ください。

交通事故の弁護士無料相談

交通事故の後遺障害1級~14級・死亡事故のご相談は無料です

交通事故の弁護士解決実績 交通事故を弁護士に相談する

交通事故の慰謝料自動計算機

後遺症自動シミュレーション 死亡事故自動シミュレーション

おすすめの記事
交通事故相談
5歳の息子を交通事故で亡くしました。 加害者は逮捕されています。 加害者に対して損害賠償を請求したいのですが、慰謝料などの賠償額は、いくらく...
交通事故相談
交通事故の被害にあって、現在保険会社と示談交渉中なのですが、インターネットを見ると、賠償額に事故の日からの遅延損害金を加算して請求できると書...
交通事故相談
高校生の息子が交通事故に遭いました。遷延性意識障害で植物状態のままです。 ところで、逸失利益についてお訊きします。 息子は高校三年で大学への...