5歳の息子が交通事故で死亡しました。慰謝料などの損害賠償額はいくらになりますか?

弁護士からの回答

息子様がお亡くなりになってしまったとのことですが、当然、病院での手当にかかった費用や葬儀費用については損害賠償を請求することができます。

これらに加えて、大きく慰謝料と逸失利益の二つを請求することができます。

まず、慰謝料については、事故の態様や近親者の数等によって増額の可能性がありますが、裁判上は2000万円から2200万円程度とされています。

また、逸失利益については、大学への入学が確実である場合など具体的な事情によって増額の可能性がありますが、一般には18歳から67歳まで平均賃金により就労するものとして、裁判上は2500万円程度の請求ができるものとされています。

もっとも、事故の状況に応じて、被害者側にも一定の落ち度があるとして、損害賠償額の総額から何割か割り引かれてしまう可能性がありますので、注意して下さい。

交通事故の弁護士無料相談

交通事故の後遺障害1級~14級・死亡事故のご相談は無料です

交通事故の弁護士解決実績 交通事故を弁護士に相談する

交通事故の慰謝料自動計算機

後遺症自動シミュレーション 死亡事故自動シミュレーション

おすすめの記事
交通事故相談
車対車で当方が、右側後方で相手方は右側前方で物損事故です。 当方は停止した状況で一方的にぶつけられました。 センターラインのない道路で当方が...
交通事故相談
5歳の息子の死亡事故について、ご相談です。近所で遊んでいたところ、横断歩道で息子が交通事故に遭い亡くなりました。示談交渉が始まったのですが、...
交通事故相談
車と歩行者の事故により、叔父が1年の治療の後亡くなりました。 相手の任意保険の会社により保険手続が行われています。 これまでに、自賠責保険か...