交通事故により被害者が死亡した場合の損害賠償の項目は、大まかに分けると、積極損害、消極損害、慰謝料となります。

①積極損害

積極損害とは、交通事故により、被害者が実際に支払い、あるいは支払わなくてはならない金額です。
被害者が死亡した場合の積極損害には、葬儀費などがあります。

②消極損害

被害者が死亡した場合の消極損害には、死亡逸失利益があります。
死亡逸失利益とは、死亡により、将来労働によって得られたはずの収入を得られなくなったために失われる利益のことです。

③慰謝料

被害者が死亡した場合、慰謝料は相続人が請求することができます。

④その他

このほか、訴訟になり判決に至った場合には、事故時から年5%の割合による遅延損害金が付加されますし、損害賠償額の約10%以内で弁護士費用相当額が認められるのが判例です。

関連キーワード
交通事故の弁護士無料相談

交通事故の後遺障害1級~14級・死亡事故のご相談は無料です

交通事故の弁護士解決実績 交通事故を弁護士に相談する

交通事故の慰謝料自動計算機

後遺症自動シミュレーション 死亡事故自動シミュレーション

おすすめの記事
交通事故と弁護士
私の父親が横断歩道を横断中に自動車にはねられました。 診断は脳挫傷で、医師からは、脳幹に損傷がみられるために意識の回復は難しいだろうと言われ...
交通事故相談
飲酒運転の車にはねられ、父が大ケガをしました。 かなりの重症で、背柱圧迫骨折と骨盤の骨折です。まだ治療中で、正確な後遺症等級は確定していませ...