交通事故(死亡事故)の被害者遺族です。
葬儀代を相手の任意保険会社に請求したら100万までしか受け付けてもらえませんでした。
適正な金額かどうか、教えてください。
自賠責保険に請求しても、同じでしょうか。

弁護士からの回答

葬儀関係費用は、裁判基準では原則として上限150万円とされております(もちろん、実際に支出した金額が150万円を下回る場合には、実際に支出した額になります。)。

そのため、保険会社が100万円までしか認めていないということですと上記裁判基準と比較して低額であるといえます。

ただし、自賠責基準ですと葬儀費用については上限100万円までとされております。

保険会社が100万円までしか受け付けていないのは、自賠責保険の基準までしか支払わないという趣旨なのかもしれません。

なお、、先ほど葬儀関係費用は、裁判基準では原則として上限150万円と申し上げましたが、現実の支出、死亡被害者・遺族の状況・事故態様などを考慮してやや高額な水準の賠償額が認められる例もあります。

例えば、専業主婦につき、春の交通安全運動に際し交通安全協会役員として街頭指導活動に従事中であり警察協力殉職者と扱われ、恥ずかしからず葬儀を営む必要があり、500万円を超える費用を支出していることから250万円が認められた例、また、事故時15歳の女子高校生2名の死亡につき、事故態様が悪質で、社会の耳目を集めたこと、15歳の少女であることから葬儀が大規模にならざる得ないとして、1名に185万1895円、1名に212万9393円を認めた例等があります。

関連キーワード
交通事故の弁護士無料相談

交通事故の後遺障害1級~14級・死亡事故のご相談は無料です

交通事故の弁護士解決実績 交通事故を弁護士に相談する

交通事故の慰謝料自動計算機

後遺症自動シミュレーション 死亡事故自動シミュレーション

おすすめの記事
交通事故相談
交通事故で胸椎圧迫骨折の怪我をして、現在通院中の者です。 保険の担当者が後遺症の申請の話をしてきたのですが、以前から休業損害の支払いをしぶっ...
交通事故と弁護士
家の前で遊んでいた5歳の娘が自動車にひかれ亡くなりました。示談交渉で、相手の保険会社は親が監督責任を怠ったとして過失割合について到底納得でき...
交通事故相談
母親が交通事故に遭い、中心性脊髄損傷と診断されました。 事故から2ヵ月たった現在も、入院中です。 右腕全体に麻痺が残っており、動かすことがで...