後遺症逸失利益とは、後遺障害を負ったことにより、労働ができなくなって将来収入が減少するために失われる利益のことです。

① 後遺障害逸失利益の算定方法

(計算式)
基礎収入 × 労働能力喪失率 × 労働能力喪失期間に対するライプニッツ係数

② 基礎収入

基礎収入とは、事故に遭わなければ将来得られたはずの基礎となる収入です。

③ 労働能力喪失率

労働能力喪失率とは、事故前の労働能力を100とした場合に、事故により後遺症が残ってしまったことにより、労働能力が何%減少したかを表すものです。原則として、認定された等級によって決まっています。(後遺障害別等級表参照)ただし、その基準は絶対ではなく、具体的な傷害の程度、被害者の職業、年齢等の事情を考慮して決められます。

④ 労働能力喪失期間

労働能力喪失期間とは、労働能力を喪失した期間が何年か、すなわち働くことができる年齢までの期間(就労可能年数)を表すものです。原則として、67歳までとされています。ただし、職種や能力等によって、67歳を過ぎても就労が可能であると認められる場合には、それを超えた分も算定されることがあります。

反対に、むち打ちなどの神経症状の場合には、後遺障害等級12級で10年程度に、後遺障害等級14級で5年程度に制限されるのが一般的です。

⑤ ライプニッツ係数

ライプニッツ係数とは、将来受け取るはずであった収入を前倒しで受け取るため、将来の収入時までの年5%の利息を複利で差し引く係数のことです。中間利息を控除する、という言い方をします。

関連キーワード
交通事故の弁護士無料相談

交通事故の後遺障害1級~14級・死亡事故のご相談は無料です

交通事故の弁護士解決実績 交通事故を弁護士に相談する

交通事故の慰謝料自動計算機

後遺症自動シミュレーション 死亡事故自動シミュレーション

おすすめの記事
交通事故相談
自動二輪車で渋滞中の片側一車線道路を中央車線寄り(渋滞中の自動車の右側)を走行中に左側ショッピングセンターの駐車場から渋滞中の自動車の間より...
交通事故相談
姉35歳が、交通事故で亡くなりました。死亡事故です。これから家族一丸となって保険会社と示談交渉を始めようと思っているのですが、保険会社と有利...