14歳の娘の母です。昨年、娘がひき逃げに遭いました。犯人はまだ見つかっていません。頭を強く打ち、診断の結果、高次脳機能障害2級1号との認定です。

これから損害賠償の手続きをしなければいけないのですが、まだ犯人は捕まっておらず、保険会社もわかりません。

また、娘も保険には加入していませんでした。この場合、何か良い方法はないのでしょうか? もし、補償が得られるなら娘の障害の場合、妥当な金額はいくらくらいになるのでしょうか?

弁護士からの回答

ご相談者の方のような場合には、政府の保障事業制度を利用することができます。

政府保障事業は、自動車損害賠償保障(自賠法)に基づいて、「ひき逃げ事故」や「無保険事故」のように自賠責保険又は自賠責共済による救済の対象とならない被害者の方について、健康保険又は労災保険などの他の社会保険の給付や損害賠償責任者の支払によっても、なお損害が残る場合に、政府(国土交通省)が最終的な救済措置として損害をてん補する制度です。

この制度によって請求できる損害の範囲・損害てん補の基準は以下の通りになります。

傷害部分(限度額120万円)

【請求できる損害の範囲】

①治療関係のものとして
ⅰ治療費…必要かつ妥当な実費
ⅱ看護料…入院1日につき4100円。自宅看護又は通院看護1日につき2050円。
ⅲ入院雑費…入院1日につき1100円
ⅳその他装具や診断書等の費用
②文書料(交通事故証明書、印鑑登録証明書、住民票等の発行費用)…必要かつ妥当な範囲
③入通院慰謝料…入通院1日につき4200円

後遺障害部分(第2級の場合、上限3000万円)

【請求できる範囲】

①後遺障害慰謝料…第2級の場合1163万円
②逸失利益
(計算方法)収入×労働能力喪失率×労働労力喪失期間

ご相談者様の場合、お子さまはまだ学生なので収入は、女性全年齢平均給与である330万1200円となります。

また、第2級なので労働能力喪失率は、100パーセントとなります。

さらに、14歳なので労働能力喪失期間は、49年(ライプニッツ係数14.947)となります。

したがって、逸失利益は、
330万1200円×100×14.947=4934万4303円
となります。

後遺障害慰謝料と逸失利益を合計すると、6097万3036円となります。

もっとも、上限が3000万円なので3000万円までの補償となります。

交通事故の弁護士無料相談

交通事故の後遺障害1級~14級・死亡事故のご相談は無料です

交通事故の弁護士解決実績 交通事故を弁護士に相談する

交通事故の慰謝料自動計算機

後遺症自動シミュレーション 死亡事故自動シミュレーション

おすすめの記事
交通事故相談
事故当時 17歳  症状固定時 18歳の男子です。 事故当時 職人として働いていました。(当時の親方 亡くなられ給与明細等がありません。現金...
交通事故相談
去年事故に遭い去年の9月に症状固定しました。それから異議申し立てをし14級の9号を認定されて今に至ります。 しかしながら今年9月頃から症状が...
交通事故と弁護士
過失割合についての相談です。 私が交差点を青信号で直進しようとしたところ、対向方向から右折してきた自動車と衝突しました。 私は前方をよく確認...