夫(40)が交通事故に遭い死亡しました。

もう心が苦しくて、生きる気力もなくなり、自暴自棄の毎日です。示談交渉も身が入らず、早く終わってほしいとさえ思うのです。

ところが友人から、「死亡事故の場合、すぐに示談しないほうがいい」と言われました。

どういうことですか?

賠償金額に違いが出てくるのですか?

弁護士からの回答

結論として、賠償額に大きな違いはありません。

損害賠償金には、事故日から年5%の割合による遅延損害金がつくので、解決までに時間がかかるほど、最終的な受け取り金額は多くなりやすいのですが、これは死亡事故に限ったことではありません。

ただ、事故後、加害者の刑事処分が決まる前に、示談を済ませてしまうと、示談した事実そのもの、すなわち金銭的な問題は遺族との間で解決しているという事実が、加害者の刑事処分を決める際に、有利な事情の一つとして考慮される可能性があります。

したがって、加害者に対して可能な限りの厳罰を望むのであれば、加害者の刑事処分が決まるまでに示談はしないほうが良いでしょう。

また、一般的に、加害者の任意保険会社から提示される賠償金額は、本来支払われるべき額よりも低いものとなっていますので、そういった意味ではすぐに示談せずに慎重に検討すべきでしょう。

交通事故の弁護士無料相談

交通事故の後遺障害1級~14級・死亡事故のご相談は無料です

交通事故の弁護士解決実績 交通事故を弁護士に相談する

交通事故の慰謝料自動計算機

後遺症自動シミュレーション 死亡事故自動シミュレーション

おすすめの記事
交通事故相談
子供が市内を走る路線バスにはねられ、頭を強く打ちました。 医師からは遷延性意識障害で今後も植物状態だろうと告げられました。 知人から紹介され...
交通事故相談
バイクを運転中に自動車と接触して脳挫傷、骨折などの怪我をしました。 今も治療中ですが、骨折した右足がうまく動かないなどの症状があります。 保...
交通事故相談
14歳の息子が交通事故に遭いました。 脳挫傷、外傷性くも膜下出血と診断され、現在も意識が戻りません。 事故は、自転車に乗っていた息子が乗用車...
交通事故相談
79歳の父親の介護のことで相談です。 道路を横断中に自動車にひかれ、意識不明となってしまいました。 後遺障害は、遷延性意識障害で1級1号です...