夫(40)が交通事故に遭い死亡しました。

もう心が苦しくて、生きる気力もなくなり、自暴自棄の毎日です。示談交渉も身が入らず、早く終わってほしいとさえ思うのです。

ところが友人から、「死亡事故の場合、すぐに示談しないほうがいい」と言われました。

どういうことですか?

賠償金額に違いが出てくるのですか?

弁護士からの回答

結論として、賠償額に大きな違いはありません。

損害賠償金には、事故日から年5%の割合による遅延損害金がつくので、解決までに時間がかかるほど、最終的な受け取り金額は多くなりやすいのですが、これは死亡事故に限ったことではありません。

ただ、事故後、加害者の刑事処分が決まる前に、示談を済ませてしまうと、示談した事実そのもの、すなわち金銭的な問題は遺族との間で解決しているという事実が、加害者の刑事処分を決める際に、有利な事情の一つとして考慮される可能性があります。

したがって、加害者に対して可能な限りの厳罰を望むのであれば、加害者の刑事処分が決まるまでに示談はしないほうが良いでしょう。

また、一般的に、加害者の任意保険会社から提示される賠償金額は、本来支払われるべき額よりも低いものとなっていますので、そういった意味ではすぐに示談せずに慎重に検討すべきでしょう。

交通事故の弁護士無料相談

交通事故の後遺障害1級~14級・死亡事故のご相談は無料です

交通事故の弁護士解決実績 交通事故を弁護士に相談する

交通事故の慰謝料自動計算機

後遺症自動シミュレーション 死亡事故自動シミュレーション

おすすめの記事
交通事故相談
生活保護を受給中に息子(当時20歳)が交通事故に遭いました 学生でバイトをしていました 脳挫傷、外傷性くも膜下出血、びまん性軸索損傷の診断を...
交通事故相談
死亡事故の加害者には、どのような刑事処分がなされるのですか? 執行猶予という言葉を聞きますが、通常刑務所に入ったりすることはないのですか? ...
基礎知識
自賠責保険と任意保険の関係についてお話しいたします。 自賠責保険というのは正式名称は自動車損害賠償責任保険となっています。法律で加入が義務づ...
交通事故相談
息子(20)を自動車事故で亡くしました。自転車に乗っているところを左折しようとした車に巻き込まれました。悲しくて、同時に悔しくて怒りがこみ上...