夫(40)が交通事故に遭い死亡しました。

もう心が苦しくて、生きる気力もなくなり、自暴自棄の毎日です。示談交渉も身が入らず、早く終わってほしいとさえ思うのです。

ところが友人から、「死亡事故の場合、すぐに示談しないほうがいい」と言われました。

どういうことですか?

賠償金額に違いが出てくるのですか?

弁護士からの回答

結論として、賠償額に大きな違いはありません。

損害賠償金には、事故日から年5%の割合による遅延損害金がつくので、解決までに時間がかかるほど、最終的な受け取り金額は多くなりやすいのですが、これは死亡事故に限ったことではありません。

ただ、事故後、加害者の刑事処分が決まる前に、示談を済ませてしまうと、示談した事実そのもの、すなわち金銭的な問題は遺族との間で解決しているという事実が、加害者の刑事処分を決める際に、有利な事情の一つとして考慮される可能性があります。

したがって、加害者に対して可能な限りの厳罰を望むのであれば、加害者の刑事処分が決まるまでに示談はしないほうが良いでしょう。

また、一般的に、加害者の任意保険会社から提示される賠償金額は、本来支払われるべき額よりも低いものとなっていますので、そういった意味ではすぐに示談せずに慎重に検討すべきでしょう。

交通事故の弁護士無料相談

交通事故の後遺障害1級~14級・死亡事故のご相談は無料です

交通事故の弁護士解決実績 交通事故を弁護士に相談する

交通事故の慰謝料自動計算機

後遺症自動シミュレーション 死亡事故自動シミュレーション

おすすめの記事
交通事故と弁護士
姉(32)が交通事故で死亡しました。本人はもう、示談交渉も訴訟も起こすことができません。この場合、どうすればいいのでしょうか? 仕組みが難し...
損害額計算
73歳の母が交通事故で死亡しました。 損害賠償額はいくらになりますか? ちなみに、無職で、夫と2人くらし。 家事をしていました。 弁護士から...