後遺障害とは、傷害に対して医学上一般に承認された治療方法で治療しても、治療効果が上がらず、症状が残存してしまっている状態をいいます。医師と相談し、その状態に至ったと判断された時点を、症状固定といいます。

症状固定となると、それ以上治療を継続しても治療効果が上がらないとされるため、たとえその後治療を継続したとしても、原則として治療費や通院交通費、休業損害、入通院慰謝料などの賠償請求はできなくなります。

症状固定となったら、損害保険料率算出機構(損保料率機構)という機関が、傷害の程度等の調査を行い、後遺障害等級を認定します。

後遺障害の概念は、もともとは労災の事案で議論されてきたものであるため、「労災補償障害認定必携」の障害の類型を基として、自賠法施行令別表に1級から14級までの後遺障害の等級が定められていますので、損保料率機構も、その類型に従って等級を認定します。具体的な調査は、自賠責損害調査事務所が行っています。

後遺障害等級が認定されれば、等級に応じた後遺障害分としての損害も確定し、傷害分と合わせた賠償請求をすることができます。

後遺障害等級の審査の請求方法には、被害者が直接加害者の自賠責保険に請求する「被害者請求」と、加害者の任意保険会社が請求する「事前認定」の2種類があります。

 

関連キーワード
交通事故の弁護士無料相談

交通事故の後遺障害1級~14級・死亡事故のご相談は無料です

交通事故の弁護士解決実績 交通事故を弁護士に相談する

交通事故の慰謝料自動計算機

後遺症自動シミュレーション 死亡事故自動シミュレーション

おすすめの記事
交通事故相談
友達の後ろを自分が走っているときに車が追い越しをしてきて友達に当たりました。 友達がフラついた所に当たり自分が転倒し、友達は気づかずに走って...
交通事故相談
交通事故に遭い、胸椎圧迫骨折になり、脊柱の運動障害の後遺症が残ってしまいました。 後遺障害等級は8級2号です。 保険会社から、示談金額の提示...